知っておきたい!バイクのブレーキレバー二本がけの危険性
スポンサーリンク

バイクで前輪ブレーキを操作するときは2本の指でブレーキをかけたり3本でかけたり4本でかけたりと車と違って色々なかけ方ができると思います。

ツイッターの投稿でもブレーキは何本がけがよいのか?悩んでいる方も結構多くみられます。

ここではブレーキ操作時の指の本数を含めた注意点についてお伝えしたいと思います。

おおむね1分ぐらいの内容になります。

よろしければお付き合いください。

ブレーキ2本がけの注意点

統計をとっている訳ではないので具体数はわかりませんがブレーキ2本がけ(人差し指と中指)を使っている人が多いのではないでしょうか?

わたしは二輪免許取得後は2本がけで操作をしていました。

理由は4本でかけなくても2本で十分ブレーキ操作ができるとかんたんに考えていたためです。

しかし今は四本がけで操作をしています。

四本がけになった理由は二本がけのデメリットに危険性を感じたためでした。

二本がけでデメリットに感じたこと
デメリットに感じたことは3つあります
1つ目は万が一事故にあったときにブレーキ2本がけをしていない指がレバーに挟まれてしまい指が切断されてしまう危険性があります。
2つ目は急ブレーキをかけるときに2本の指の力だけでは十分にレバーを握れないためです。低速での急ブレーキであれば2本がけでも大丈夫だと思いますが高速走行では速度を落としきれない可能性があります。
3つ目は2本がけで操作をしていると緊急場面が発生してパニックブレーキになったときにアクセルを完全に戻すことができないままブレーキをかけてしまい転倒する危険性があります。(アクセルをまわしたままブレーキをかけた状態になることがあります)
研修で100キロからのブレーキ練習を行ったときに2本がけと4本がけで比較して練習をしたことがあります。
何度も練習をしてわかったことは2本がけではしっかり握ることが出来ず4本がけに比べると止まる距離が伸びる結果となりました。
同じ研修をしていた周りの人たちもわたしと同じ結果になっていました。
通常の運転では2本がけで操作して急ブレーキのときだけ4本がけを行うという考えもありますがパニック時に冷静に操作ができるかは疑問です。
パニック時のためにも普段から4本がけでのブレーキ操作が必要だと思います。
スポンサーリンク

ブレーキの調整とかけ方

ブレーキレバーの間隔を調節できる機能が付いている場合は必ず調節をして四本でのブレーキ操作がしやすいように必ず調整しましょう。丸いダイヤル式で数値が刻まれているものが多いです。
バイクを購入してから1度も調整したことがない人と言った人もいままでにたくさんいましたので「自分のバイクにそんなものが付いてるの?」と思われた方は必ず確認をしてみてください。
ブレーキのかけ方については賛否あるかも知れずなまいきなことを言うことになるかも知れませんが、わたしが意識している前輪ブレーキのかけ方は雑巾をしぼるような感じでかけています。
さらに細かく言いますと小指から順番に折り曲げていって最後に人差し指を折り曲げることになります。
賛否あると思いますので参考になれば・・・・・・です。
スポンサーリンク

最後になりますが

わたしは教習をうけている時は教官に言われるままにブレーキ4本がけをしていましたが免許取得後に2本がけとなり、長い間2本がけで操作をしてきました。
仕事の関係で運よく2本がけの危険性と4本がけの重要性を知ることが出来たので直すことができました。
ただ、一度くせがついてしまうと直すのに時間がかかるので苦労した記憶があります。
SNS上で2本がけ?4本がけ?の投稿を多くみかけたので少しでも参考になればと思いまとめてみました。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。もとゆき
よろしければ動画もどうぞ!
https://youtu.be/7b1JKPC9Zxc
YouTubeでの発信を始めて、 チャンネル登録者数が1300名を超えました! 動画と音声でバイク情報をより伝えやすくなりました。 1週間に1回以上アップしています。 チャンネル登録をしていただけますと、最新情報をお伝えすることができます!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事