ホンダレブル250をレンタルしてわかった人気の理由!
スポンサーリンク

いつも利用しているレンタル店にレブル250がラインアップされたので早速レンタルしてみました。

店長が慣らし?走行をした後で走行距離は50キロの本当の新車に今回も乗ることが出来たのでラッキーでした。

1日運転して感じたことをまとめてみました。(素人の素直な感想として参考になれば幸いです)

個性的なデザイン

もともとカスタムされているかのようなデザインでとても個性的だと感じました。

新しい中にアメリカン独特の渋さを随所に感じることができる創りでいままでにないアメリカンのスタイルが人気を集めている理由のように感じました。

特にタンク形状が純正とは思えないデザインでレブル250の特徴のひとつになっていると思います。

海外の方がカスタムパーツが充実しているみたいですが、これから日本でもカスタムパーツが充実されていくのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

とてもラクなポジション

言うまでもないかも知れませんが運転姿勢はとっても楽です。

気構えがなくてそのまま座ることができるといった感じです。

シートも厚みがあって長時間乗っていてもぜんぜん疲れることはないのでツーリングに最適です。

はじめに少しだけ気になったことはシート位置が低くてハンドル位置が少し高いので、手の位置が少し高くなることでハンドル位置をとおくに感じましたが、30分ぐらい運転すると気にならなくなりました。

車体もエンジンもとてもスリムなので下半身がエンジンの熱などによる暑さを感じることもありませんでした。ニーグリップを必要とするバイクでもないので、夏場でもエンジン熱による暑さは少ないと思います。

スポンサーリンク

エンジン性能と燃費

水冷の単気筒エンジンですが専用に調整がされた26馬力のエンジンはまわせばしっかり加速をしてくれます。さすがホンダのエンジンと関心してしまいます。

排気音も規制ギリギリを超えないように作られた感がありました。バリバリと歯切れのよい音がノーマルマフラーとは思えないほどでした。思っていたより音量が大きかったです。

燃費に関しては1日の走行ですので参考にならないかも知れませんが、おとなしめのツーリングで空いている道をスイスイ走ったせいか、40km/Lという驚きの数値となりました。(あくまでも参考です。)

取り回しと走行性能

見た目よりも車体を軽く感じるので押し引きがとてもラクにできました。これは初心者の方や女性ライダーの方におすすめできる点です!

走行性能についてはレブルの特徴でもある130サイズのワイドフロントタイヤは曲がりにくい印象がありましたが、いがいに問題なくバイクを倒すことができます。

峠道も走行しましたが機敏に走行することができました。

アメリカンタイプのバイクはバンクさせるとすぐにステップをに擦ってしまうイメージがありますが、レブルのステップ位置はそんなにも下に付いているわけではないので他のアメリカンバイクのように簡単に擦ることはなかったです!

操作面で注意したいことはハンドルの切れ角が少ないのでUターンはかなり難しく感じました。

さいごに

レブル250はとてもよいバイクでした。機敏に走行できたことがイメージとは違った点だったと思います。

250ccのバイク購入を考えている方にはおすすめの1台になるのではないでしょうか?

最後までお読みいただきましてありがとうございました。もとゆき

よろしければ動画もどうぞ!

YouTubeでの発信を始めて、 チャンネル登録者数が1300名を超えました! 動画と音声でバイク情報をより伝えやすくなりました。 1週間に1回以上アップしています。 チャンネル登録をしていただけますと、最新情報をお伝えすることができます!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事