バイク事故! 知っておきたい巻き込まれ事故の4つの防止策です
スポンサーリンク

巻き込まれという言葉はライダーにとってあまり聞きたくない言葉ではないでしょうか?

ここでは巻き込まれ事故にあわないためにどうするべきか?をお伝えしたいと思います。

ウインカーに注意

前の車が左のウインカーを出しているときに前車の左側スペースに入って巻き込まれる方は少ないと思います。(考え事をしていたりすると気付かない場合も当然、あると思います)

事故になりやすいケースは前を走っている車が左ウインカーが出ていないので、安心して走行しているときに急にウインカーを出したり、ウインカーを出さずに曲がってこられて巻き込まれてしまう場合です。

このケースで巻き込まれ事故にあった知人は複数います。

ウインカー無しで曲がってこられたら対応することはとても難しいと思います。

スポンサーリンク

なぜ?出さないのか?

なぜ?ウインカー出さないのか?普段運転をしていて思うことですが、 考えられる理由は

  1. 曲がる場所を勘違いしていた
  2. 同乗者との会話に夢中になっていて忘れていた
  3. スマホを操作していて出すことが出来なかった
  4. 同乗者(タクシー含む)が急に曲がる指示を出した

多いのはスマホを操作している場合が多いような気がしますが、ナンバープレートが他府県の場合は道に迷っていることも考えられるので、車の横には入らずに車間距離を空けておくことが必要だと思います。

いずれにしてウインカーを出さずに曲がる車が多くなったと思います。

🔲もとゆきからのお知らせです。 少しの時間を使ってバイク、自動車保険を安くしませんか? 自動更新はもったいないです! バイク保険 インズウェブ自動車保険一括見積もり

交差点以外が注意!

巻き込まれ事故が多い場所はどこですか?と聞かれると”それは交差点でしょ!!”と答える方が大半だと思います。

もちろん交差点で巻き込まれ事故にあわないように気をつけないといけないわけですが、わたしが注意をしているのは、お店の駐車場に入るために急に曲がってくる車に注意もしています。

どんな?お店に入ることが多いのでしょうか?

人がよく利用するお店と言えば・・・

コンビ二前では何か?買うものを思い出してウインカーも出さずに急に曲がってくる車やバイクを見かけることがよくありますし、巻き込まれの事故をして現場検証なるものをしている光景もよく見ることがあります。

あとよく利用するお店は?ガソリンスタンドも出入りが多いような気がします。

時間帯によっても危険度がかわるとも思えます。

お昼の食事タイムのときにどこの飲食店にしようか?悩んでいるドライバーはお店の看板ばかりを探すように見ていますから、目当てのお店を発見したときに急に曲がってくる可能性があるのでお昼どきを走行するときは飲食店前やコンビ二前を走行するときは注意が必要ではないでしょうか?

右振りに注意!

わなに注意と言ったら怒られそうですが、前の車が急に右に寄る場合があり”先に行かせてくれるかな”と思ったら急に左へ曲がってくる車があります。

四輪車が左へ曲がるときに後輪タイヤがえんせきなどに乗り上げることを回避するために右に振ることがあります。特にトラックやワゴン車など大きい車に見られることがあります。

また、高齢ドライバーの方で昔トラックに乗っていた経験のある方も右振りを行う傾向が強いので注意が必要です。

さいごに

交差点付近以外でも車の左側をバイクで走行することが怖いので基本は車の後ろを走るようにしています。

やむ得ず車の左側を走行する場合は車の窓ガラス越しにドライバーがスマホをしていないか?ハンドルを切る様子がないか?を見ています。(ガラスが真っ黒で中が少しも見えない車には近づかないようにしています。こわいです)

バイクに乗っていると機動性があるので車のウインカーで自分の進路をすばやく決めていく感があるように感じます。

急に曲がってこられてこちらが急ブレーキをかけて転倒した場合に接触をしていなければ、そのまま立ち去るドライバーもたくさんいると思います。

また、転倒して後続車にひかれてしまう可能性もあります。

ライダーが巻き込まれ事故にならない一助になれば幸いです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。motoyuki

万が一に備えてジャケットの種類を選ぶことなく使用できる胸部専用のプロテクター!おすすめです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事