事故防止 対向車線が渋滞している時に注意する3つのこと
スポンサーリンク

車やバイクを運転していて対向車線が渋滞をしている場面はよく見ることがあります。

自分の走る道路はすごく空いているとつい加速をして通りすぎたくなりますが、わたしは1年に2回は対向車線が渋滞している時に危険な場面に遭遇してしまうことがあります。

ここでは、対向車線が渋滞しているときの危険性と対処法についてお伝えしたいと思います。

①人、自転車の飛び出しに注意

渋滞の車と車の間から歩行者や自転車が道路を横断してくる場合があります。

わたしの場合は自転車が車の間から飛び出てきてあわてて急ブレーキをかけることがあります。

歩行者も飛び出してくることがありますが当然、自転車よりも遅いのと歩行者もこちらに気付いて止まってくれる場合があるので対応しやすいです。

自転車の場合、どんな人が自転車を運転しているか?で危険性がかわります。

スポンサーリンク

②注意する自転車

わたしの経験では高齢者の方が運転している自転車の飛び出しに遭遇することが多いです。

こども自転車も注意が必要だと思いますが、わたしの場合はこども自転車の飛び出しに遭遇したことはほとんでありません。

高齢者の方の飛び出しでこわい事はまったくこちらの車やバイクの存在に気付いていないことです。

だから、こちらが止まらないと絶対に事故になります。

存在に気付かないのは視力や視野の問題がありますがいつも通っている道でいままで危ないこともなかったからと安心して横断しているケースもあるようです。(実際に高齢者の方が言っていました)

🔲もとゆきからのお知らせです。 少しの時間を使ってバイク、自動車保険を安くしませんか? 自動更新はもったいないです! バイク保険 インズウェブ自動車保険一括見積もり

③車やバイクにも注意

渋滞の車と車の間から出てくる車やバイクにも注意が必要です。

特にコンビ二などから出てこようとしているドライバーやライダーの気持ちは早く道路に出たいと思っている場合が多いです。

なぜなら、渋滞でとまっている車が発進すると自分の車やバイクが邪魔になってしまうからです。

そのような急ぎの心理状況で安全の確認をしっかりすることができるか?どうか?です。

ですから対向渋滞車の間から車やバイクが出てこようとしていないか?を見るだけではなく捜すことが必要です。

④対応策は

渋滞の車の間から車やバイクが自分の前に出てきたときは『止まる』ことが一番の事故防止になります。

避けることも可能ですが避けた後ろからバイクや他の車がきていると接触事故などになってしまう可能性があるからです。

車やバイクに乗っていてどうしても前が空いていると加速をしたくなってしまいますが、対向車線が渋滞している場合はなにか?出てきたときに『何キロだったら止まれるか』を考えてアクセル調節をする必要があります。

特に危ない場面は対向車がトラックやバスなど背の高い車の場合です。

トラックバスのせいで飛び出してくるかも知れない自転車や車がまったく見えないからです。

わたしは10キロ~20キロで通り抜けるようにアクセル調節に神経を使いつつ、いつでもブレーキがかけれるように心の準備をしています。

何かが出てきたときに『何キロ』なら止まることができるか?

後続車がいる場合でも気持ちを変えることなく『何キロ』なら止まることができるかを徹底することが事故防止の対策だと思います。motoyuki

万が一に備えてジャケットの種類を選ぶことなく使用できる胸部専用のプロテクター!おすすめです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事