ツーリングで道に迷ったら早めにUターンをするべきですが難しい
スポンサーリンク

誰でもバイクに乗っていて道に迷うことはあると思います。

ナビがあっても100%道を間違えずに走行することは難しいのではないでしょうか?

道を間違えたら早めにUターンをするべきですが、実際は間違えていると思っていないので早期のUターンが遅れてしまう傾向が強いです。

ここでは、バイクで道に迷ったときのUターンの危険性について、わたしの体験談をふまえてお伝えしたいと思います。

おおむね1分間くらいの内容になります。

よろしければお付き合い下さい。

初心者は早めに曲がる

絶対ではありませんが初心者の人は曲がらないといけない場所よりも、早く曲がってしまう傾向があります。

間違えないように曲がる!曲がる!と考えていると待ち切れずに早く曲がってしまうパターンです。

わたしは初心者のときによくしてしまいました。

会社の後輩ライダーもナビがあったのに、早く曲がってしまったと嘆いていました。

スポンサーリンク

ベテランは曲がりそこねる

これも絶対ではありませんが、逆にベテランの人はまだだ!まだだ!と自分に言い聞かせている間に曲がらないといけない場所を通り過ぎてしまうことがあります。

わたしは最近ナビを見ていてもまだだ!と思ってしまって通りすぎることが多いです。

初心者、ベテランに関係なく性格的なところもあるような気がします。

スポンサーリンク

間違えたら

気をつけないといけないときは間違えたことに気付いたときです。

とっさに行動する?反応することがこわいです。

曲がろうとしていて曲がることをやめたりすると後続車から追突や接触される危険性があるからです。

間違えた~と思ったらそのまま進行することが1番です。

わかっているけど反応してしまうことがこわいですね。

早めにUターン

間違えたような気がしてそのまま進む前に一度、停まって現在地を確認することが重要です。

なぜなら、先に進んでいって道が狭くなってしまうとUターンが難しくなるからです。

先日のツイートでもツーリング中に道に迷っていたのにそのまま進んでいって狭くなったところでUターンをしたときに、転倒してしまいレバーが折れて走行不能になってしまった方がおられました。

Uターンするときも狭くなっている道で右にハンドルをきってターンするのは操作的にはかなり難しいので転倒する可能性が高まります。

1番よいのはバイクから降りてバイクを押してUターンすることです。

転倒する危険性は確実にへらすことができます。

わたしも狭いところは無理せずに押してターンをするようにしています。

練習もしていなくて狭い道で右にUターンするのは、かなり難易度が高くなるので避けたほうが無難です。

さいごに

ナビがあってもツーリング先で道に迷ったり、間違えたりすることは誰でもあると思います。

間違えないことが1番よいわけですが、間違えたときのことも考えておくことで対応もしやすくなるのではないでしょうか?

事故、転倒することなくツーリングを楽しむために参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。もとゆき

YouTubeでの発信を始めて、 チャンネル登録者数が1300名を超えました! 動画と音声でバイク情報をより伝えやすくなりました。 1週間に1回以上アップしています。 チャンネル登録をしていただけますと、最新情報をお伝えすることができます!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事