バイクの初心者の方が冬の服装で気をつける3つのこと
スポンサーリンク

冬になるとバイクに乗るのは寒くて嫌になると言う方は多いのではないでしょうか?

私もその1人ですがバイクに乗る楽しさが上回っているので冬でもバイクに乗っています。

ライダーになってはじめての冬を迎えるにあたり服装等をどうしようか?悩んでいる初心者の方も多いのではないでしょうか?

ここではバイクに乗り始めた方に対して冬の服装の注意点についてお伝えしたいと思います。

おおむね1分間位の内容です。

よろしければお付き合い下さい。

グローブ

寒くなると冬用のグローブが欲しくなりますが購入するときの注意点は必ずバイク用品店などで実際に手を通して試着?装着するようにしてください。

冬用グローブは生地に厚みがあるのでアクセルやブレーキの操作が自分のイメージ通りにならない場合があるからです。

バイク用品店によってはグローブ売り場にバイクのハンドルとグリップを模擬で設置しているところもありますので必ず操作感を確認しておくべきです。

ネットで購入するときは装着して感覚を試すことが出来ないので注意が必要です。

わたしはネットで購入して返品したことがあります。

保温性や防寒性はもちろん大切ですが操作がやりにくいとなると安全面が不安になりますので、バイク用品店でいくつかの商品を装着して操作感を確認することが大切です。

自分にあっている物をさがすには時間がかかると思いますが、ここは時間をかけてじっくりとさがすべきです。

わたしもいつも何回も試着?装着して使用感を確認します。

時間をかけて探しましょう。

わたしは使っていませんがグリップヒーターを使用して、操作がやりやすいグローブを使うこともよいかも知れません。

知人がグリップヒーターを付けていて試させてもらいましたが、とても気持ちがいいのと温度調整ができるので気温によって変更することができるのでとても便利だと感じました。

スポンサーリンク

保温性

普通の防寒性が高いジャンパーなどでも良いですが、バイクで走行していると少しの隙間から風が入ってくることで保温力がだんだん落ちてきます。

寒いと思いながら走行していると集中力が落ちてくるので危険です。

バイク用のジャンパーになると風が進入しないような作りになっているため保温性能がとても高いです。

わたしが使用している冬用のバイクジャンパーはチャックが二重になっているので風が入りにくい構造になっているのでインナーは薄着でも寒さを感じることはありません。

むしろ街中では汗ばむくらいになるので気温や走る場所でジャンパーを使い分けています。

スポンサーリンク

着込みすぎ

冬のバイクの運転で気をつけたいことは寒さ対策で服を着込みすぎることです。

寒いまま走行するよりかはよいことですが着込みすぎることで、操作に大きく影響が出る事はありませんが確認がしにくくなる場合があります。

特に首を振る目視がやりにくくなる場合があるので注意が必要です。

また、服を着込み過ぎるとだるまさんみたいになってミラーに自分の腕が映ることで後が見えにくくなることもあるので、合わせて注意が必要です。

ズボンについてはオーバーパンツを使用することで簡単に防寒することができます。

オーバーパンツについては操作性に影響が出る事はありませんので特に問題はないです。

以上です。

寒いまま走行すると楽しくないことばかりか集中力が落ちてくるので危険性が高まります。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

参考になれば幸いです。もとゆき

YouTubeでの発信を始めて、 チャンネル登録者数が1300名を超えました! 動画と音声でバイク情報をより伝えやすくなりました。 1週間に1回以上アップしています。 チャンネル登録をしていただけますと、最新情報をお伝えすることができます!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事