大型二輪のプライドはいらない!もう少しで危ないところでした
スポンサーリンク

昔に大型二輪のプライドが邪魔をして安全運転ができなくなりそうな事がありました。

今回はこの事についてお伝えしたいと思います。

おおむね1分間くらいの内容です。

よろしければお付き合いください。

限定解除

20数年前は大型二輪の免許を取るには教習所で取ることは出来ず

運転免許試験場で二輪の限定を解除をしないといけません。

わたしは無謀にも練習もせずに一回目の試験を受けました。

バイクはホンダVFR750でした。

その時の愛車はスティード400のアメリカンに乗っていたので

VFRに座った瞬間から頭の中が???です。

結果は発進して最初にUターンをしたところで無線機から戻ってきてくださいのコールです。

流石に練習をしないといけないと思い教習所で練習をしました。

練習を2時間行い

再チャレンジでなんと!完走することが出来ました。

まさかの2回目で合格なのか?

期待をしていましたがバイクに乗れていないと言われて不合格となりました。

バイクに乗れていない!の言葉のおかげで3回目は思いきった走行ができました。

無事、合格することができました。

いつも試験場の待合室にいた主は20回以上も試験を受けていました。

本当に限定解除が難しい時代だったので3回で合格したことはラッキーでした。

スポンサーリンク

プライド

限定解除をしたことを周りの人たちに知られると称賛ばかりされました。

これが勘違いを生むことになりました。

限定解除をして購入したバイクは

カワサキのゼファー1100です。

エンジンが車体からはみ出るぐらいの迫力です。

当時、レプリカブームからネイキッドブームに移り変わろうとしていた時代です。

ゼファー400、XJR400、CB400SFに乗っているライダーがとても多かったです。

当時は限定免許のライダーからするとリッターバイクは憧れのバイクでした。

バイク屋さんで駐車していると自分のバイクのまわりに人がいたことが何度もありました。

いつしか大型二輪に乗っていることは凄い!ことだと勘違いするようになりました。

信号待ちで横に中型バイクと並んだときには負けるわけにはいかない!と今思えばよく分からない考えでバイクに乗っていました。

当然、無理をして走行するわけで危ない場面に遭遇することが増えました。

今思えば肩に力を入れて運転していたような気がします。

考え方が変わったのは

GSX-R1100に乗っていた知人が事故にあった事やよく面倒を見てくれていた先輩の交通事故死から考えが変わりました。

そのまま運転していたら変なプライドで事故にあっていたと思います。

今思えば本当にはずかしい話ですがその当時は変なプライドがありました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。もとゆき

YouTubeでの発信を始めて、 チャンネル登録者数が1300名を超えました! 動画と音声でバイク情報をより伝えやすくなりました。 1週間に1回以上アップしています。 チャンネル登録をしていただけますと、最新情報をお伝えすることができます!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事