バイクの事故パターン!速度超過をしてブレーキ操作不適で転倒
スポンサーリンク

バイクで事故をするケースは色々なパターンがあると思いますが、よくあるケースについてお伝えしたいと思います。

よろしければお付き合いください。

スピード違反が多い

事故が発生する前に違反をしていることが多いのですが、二輪の違反で検挙されているのは、圧倒的にスピード違反が多いです。

その根拠ですが、わたしが指導員として勤務していたときに、卒業生の運転状況の資料を毎月、確認をしていましたが、スピード違反が突出して多かったです。

教習所によって、違反内容が変わるかも知れませんが、スピード違反についてはどこの教習所も多いと思います。

スポンサーリンク

何故?多いのか?

スピード違反が多い理由ですが、1番は取締りを実施している機会が、とても多いことが理由として挙げられると思います。

走る道路や時間帯にも寄りますが、わたしも取締りをしている場所を通過することがよくあります。

特にスピード違反が原因で、死亡事故になっている場合などは、対策としてその道路でスピード違反の取締りを行なっている場合もあります。

ライダーがスピード違反をしてしまう理由を改めて考えてみると、

心理的な面は

時間がなくて急いでいる

後ろの車に急かされている

友人と走行していて遅いと思われたくない

気にくわないことがあり、むしゃくしゃしている

自分のバイクの性能がどれくらいあるのか?興味本位から

前車をあおるため

技術的な面

アクセルコントロールがうまく出来ない、速度を一定に保つことができない。

速度計を見る余裕がない若しくは見ない

標識や標示を見ることが出来ない

他にもあると思いますが、心理的な面と技術的な面の2つにわかれると思います。

🔲もとゆきからのお知らせです。 少しの時間を使ってバイク、自動車保険を安くしませんか? 自動更新はもったいないです! バイク保険 インズウェブ自動車保険一括見積もり

びっくりしてブレーキ

速度オーバーで走行していて、予期せぬところから車などが出てきた場合に

ビックリしてブレーキをかけても転倒する可能性があります。

特に初心ライダーの方に多いです。

ABSが付いていても、ビックリして急ハンドルを切れば、転倒する可能性が出てくるわけです。

また、転倒しただけで済めばよいですが、50、60キロで走行していて、事故になった場合は、ライダーの身体がどこに飛んでいくか?は誰にもわかりません。

転倒して怖いことは?

転倒してバイクとライダーが地面に転がっているときに、後続に四輪車が走行している場合は、摩擦による火花を上げて転がっているバイクに目が行くはずです。

わたしが四輪車を運転していたらバイクに目が行きます。

バイクを避けた先にライダーがいたら・・・ライダーはどうすることも出来ません・・・

さいごに

暖かくなるとバイクシーズン到来です。

やっとの思いで、免許を取得し、バイクを購入して、楽しいバイクライフを想像していたのに、事故になってしまったら、誰もよい思いをすることはありません。

免許を取得すれば、速度をオーバーしても誰からも注意されることはありません。

少しくらいなら速度オーバーしても大丈夫だろう!

速度の出し過ぎが日常的になると、本当におそろしいことになります。

バイクの速度オーバーの危険性の参考になれば幸いです。もとゆき

よろしければ動画もどうぞ!

 

万が一に備えてジャケットの種類を選ぶことなく使用できる胸部専用のプロテクター!おすすめです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事