転倒予防のコツ!リターンライダーが注意すべきケースとは?

レンタルバイクを利用することがよくあります。

その中で、特にリターンライダーの方々と交流を持つことが多いです。

バイクを返却するために同じ時間帯に店舗に戻ってくる際、しばしば彼らと会話をする機会がありました。

 

しかしながら、ある日店舗に戻ってくると、リターンライダーの方が青ざめた表情で店員さんと話している光景に遭遇しました。

近づいてみると、バイクに転倒した痕跡が見受けられました。

その光景に心を痛めながら、彼らが無事であることを確認しましたが、バイクに生じた傷は避けることのできない現実でした。

 

この出来事から、リターンライダーの方々が特に注意を払うべき場面について共有したいと思います。

彼らが安全にバイクを楽しむためのアドバイスを以下に示しますので、ぜひお付き合いください。

スポンサーリンク

リターンする理由

リターンする動機について、よく話された点は以下の2つです。

まず1つ目は、子育てもひと段落し、時間的・経済的な余裕ができたことから、再びバイクに乗りたいという欲求です。

 

もとゆき

この理由が最も一般的でした。

 

子育てにかかるエネルギーや時間が軽減され、また経済的な面でもゆとりが生まれたことで、バイクとの触れ合いを再開することが願望として浮かび上がってきたのです。

 

2つ目の理由は、会社内でバイクやツーリングがブームとなり、上司や部下から誘いを受けてしまい、断り難い状況でリターンするケースです。

職場ではバイクやツーリングに対する関心が高まり、先輩や後輩から誘いを受けることがしばしばあります。

こうした場面で、誘いを断ることが難しく、結果的に再びバイクに乗る機会が訪れることが多くなりました。

実際、ツーリングの出発前には、会社の同僚たちが店舗の前で待っている光景も少なくありません。

 

一方で、急にバイクを購入することは簡単なことではないため、多くの人々がバイクのレンタルを選択しています。

初心者から経験者まで、レンタルは手軽な方法として広く受け入れられています。

スポンサーリンク

小排気量からにするべき

たくさんのリターンライダーの皆さんとお会いしてきましたが、中には10年、20年ぶりにバイクに乗るとおっしゃる方もおられます。

そうした方々の中には、「せっかくレンタルするなら大きい方が良い!」と、リッターバイクから選ぼうとされる方も多くいらっしゃいます。

特に注意が必要なケースとしては、会社の仲間たちとツーリングに出かける際に、久しぶりのバイク運転に不安を抱えながらも、大きなバイクを選ばれる方がいらっしゃいます。

周囲のメンバーに遅れないようについていきたい、また他の人たちからバカにされたくない、という気持ちは理解できますが、無理をして大きなバイクを運転することの方がより不安を増幅させる可能性もあると思います。

 

安全面を考慮すると、あまり無理をせずに自分の運転スキルや慣れ度に合ったバイクを選ぶことが大切です。

久しぶりのライディングで無理をしてしまうと、かえって危険な状況を引き起こすこともあります。

 

無理せずに楽しいバイク体験をするためには、自分の限界を正直に評価し、適切なバイクを選ぶことが重要です。

あまり悩まずに、自分の経験やスキルに合ったバイクを選んで、楽しいツーリングをお楽しみください。

久しぶりのライディングでも無理なく楽しめるバイクを検討されることをおすすめします。

安全運転で素晴らしいバイクライフをお送りください。

スポンサーリンク

転倒するケース

前置きが長くなりましたが、注意が必要な場面は以下の3つです。

 

もとゆき

1つ目は、バイクに乗る際の転倒です。

 

バイクにまたがってサイドスタンドを立てる際に、バランスを崩してしまい、バイクの重さに耐え切れずに転倒してしまうことがあります。

以前なら、何とか我慢して転倒を避けられたかもしれませんが、その声も何度も聞かれます。

また、無理に大型バイクを借りて足つきが悪いために転倒することもあります。

従って、小排気量で足つきが良いバイクを選ぶことが重要です。

 

もとゆき

2つ目は、コンビニの駐車場での転倒です。

 

コンビニで休憩し、方向転換のためにUターンをする際に、操作ミスによって転倒することがあります。

乗り慣れた仲間たちがUターンをするのを見て、ついつい同じように行おうとしてしまうかもしれませんが、本当に安全かどうかを考えることが肝要です。

少し遅れてでも、無理をせずに行動することが大切です。

 

もとゆき

3つ目は、ガソリンスタンド内での転倒に注意が必要です。

 

ガソリンスタンドは車の進入や退出が頻繁であり、他の車の予期せぬ動きによって急ブレーキを踏むことがあります。

その際に転倒の危険性が高まります。

また、向きを変えるためのUターン中に操作ミスによって転倒する可能性も考えられます。

ガソリンスタンド内はスペースが限られているため、方向転換が必要な場合はバイクから降りて押すことを検討することが賢明です。

 

 

さいごに

せっかくバイクに乗ることを心待ちにしていたのに、しかし、転倒してしまっては、その楽しみも半減してしまいます。

特に、怪我をしてしまうような事態になれば、仕事にも大きな支障が出てしまいます。

 

ですから、無理をせず慎重な運転を心掛けることが非常に重要です。

安全面をしっかりと意識しながら楽しむことが、長期的な満足感を保つために不可欠です。

 

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。もとゆき

発信活動にご協力いただけますと幸いです。。。

教習指導員20年の経験から書籍を販売しております!

 

【普通二輪MT編】

【大型二輪MT編 普通自動二輪免許所持】

 

YouTubeもやっています。よろしければ動画もどうぞ!

 

 

任意保険会社の見直しで、保険金額の節約が可能です!無料で見直しが出来ます。

 

自動車の任意保険

 

バイクの任意保険

 

 

お乗り換えをお考えなら・・・簡単無料査定がおすすめです!

 

自動車

バイク

 

頭金0円×すべてコミコミの月額設定!これからはリースの選択もアリだと思います。

 

 

すき間時間を有効に活用することが出来ます!わたしは無料体験からハマリました!

 

Twitterでブログ更新をお知らせしています!

おすすめの記事