【悲報】自動ブレーキの誤作動による追突に注意が必要です。
スポンサーリンク

自動ブレーキの誤作動で追突!

想像するだけでも怖いことです。

今回は自動ブレーキの誤作動について調べた内容をもとに記事にしました。

よろしければお付き合いください。

本当に誤作動か?

実際に何もないところで、急ブレーキが作動して減速したり、停止をすれば、誤作動になりますが、

実際にそんなことがあるのか?

検索をしてみると自動ブレーキ誤反応という文言でたくさん出てきました。

金網に反応して急ブレーキがかかったり、冬場の白い排気ガスに反応して急ブレーキがかかったりしたケースがあり、

メーカー側で対応して修正をかけているようです。

また、ドライバーの操作方法によっても、誤反応による急ブレーキがかかる場合があるようです。

例えば、となりの車線を走行している車との間隔が狭い場合に、誤反応で急ブレーキがかかることがあるようです。

おそらく狭い間隔のところを、減速しないために反応しているものだと思われますが、

自分の運転のことは、棚に上げて誤反応をしたと言っているドライバーも多いような気がします。

バイクで例えるなら、四輪車の間をすり抜けしていたら、誤反応した!といった感じでしょうか?

ただ、実際に横で運転を見ていたわけではないので、真偽はわからずです。

今後もドライバーの勘違いによる誤反応発言は増加するような気がします。

スポンサーリンク

障害物を検知

カーブ走行をしているときに、ガードレールに誤反応をして、急ブレーキがかかる場合もあるようです。

バイクで走行していて前の四輪車が、急ブレーキをかけたら驚きますよね。

こんなケースも、

踏切前で停車したあとに、先行車との車間距離が離れると、踏切のレールを前方障害走と誤認識して、発進後の低速時に自動ブレーキが作動することもあったようです。

白いビニールの袋にも反応したなども出てきます。

おそらく、その都度確認をしてメーカー側も対応していると思いますが、

これからも色々な誤反応報告が出てきそうな気がします。

アメリカでは、誤反応報告がたくさんあげられているようで、メーカーが調査をしたが原因がわからないケースも、たくさんあるようです。

スポンサーリンク

さいごに

自動ブレーキが作動しないといけない場面で、作動しないことも問題ですが、

作動しなくてよい場面で、急ブレーキが作動することは、ある意味もっと怖いことかも知れません。

わたしも自動ブレーキを体験、体感したことがあるので、事故防止のための素晴らしいシステムだと思いました。

人間が作ったものですから、完璧はありません。

急な対応が少しでも取れるように、改めて速度の調節と車間距離の重要性を感じました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

参考になれば幸いです。もとゆき

よろしければ動画もどうぞ!

YouTubeでの発信を始めて、 チャンネル登録者数が1300名を超えました! 動画と音声でバイク情報をより伝えやすくなりました。 1週間に1回以上アップしています。 チャンネル登録をしていただけますと、最新情報をお伝えすることができます!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事