ツーリングでお尻が痛くなる方へ!対策方法をお伝えします!
スポンサーリンク

ツーリングをしているとお尻が痛くなることはありませんか?

わたしは28年バイクに乗ってきた中で数えきれないくらいツーリングをしてきましたが、お尻が痛くなったことが何回もありました。

早速、対策方法をお伝えしますと”1時間に1回は休憩をすること!”

これに尽きます! 20年間、指導員をしてきた経験から自信を持ってお伝えします。

1時間に1回休憩すること!について深堀させていただきたいと思います。

よろしければお付き合いください。

スポンサーリンク

お尻が痛くなる原因?

ツーリングで長時間バイクに乗っているとお尻が痛くなってしまう原因ですが、車は、お尻から腰、背にかけてシートに寄りかかれるので体重が分散されやすいのですが、

もとゆき
バイクは車のシートとは違って体重のかかる部分の面積が小さいので痛くなりやすいです。

わたしはいままでにレンタルバイクを含めると30台以上のバイクに乗ってツーリングをしました。

どのバイクに乗っても2時間を超えるとお尻が痛くなりました。

シートの厚みが薄いよりかは、厚みがある方が痛くなりにくそうですが、2時間を超えるとあまり関係がなかったです。

お尻が痛くなり始めるとそのことばかり気にするのでツーリングを楽しむことが出来ないです。

また、お尻が気になってしまって運転に集中することが出来なくなってしまいます。

痛いことが我慢できなくなって、よくお尻の位置を右や左、前や後ろに動かして痛くならないポジションを探していましたが、痛みが治まることはありませんでした。

スポンサーリンク

色々なお尻痛の対策

痛い思いをしてツーリングが楽しむことが出来なかったら、誰でもなにか?対策をしようと考えることになります。

最初に思いつくことで多いのは、バイクのシートをカスタムすることを考える人が多いと思います。

シートの厚みを増やしたり、特殊な素材を使用することで痛みがなくなることを期待するわけですが、名のあるショップで制作を依頼すると5万円くらい費用がかかることになります。

あや
5万円もかかるの!?

5万円かけてもシートにお尻を乗せる面積自体は変わることはありません。

正直なことを言うとあまり効果を期待することはできないというかリスクが高いと感じます。

もとゆき
わたしの知人で変わった対策をした人がいます。

カーショップで販売している腰痛対策で使うようなクッションを買ってきて、バイクのシートの形状に切り取って、バイクシートの上に乗せて座布団のように使用していました。

知人はお尻が痛みを緩和できるようになったと言っていましたが、

実は、この対策には危険な点があってシートに完全に密着させることはできないので、右や左に曲がるときに、そのクッションが動いてズレてしまったり、ブレーキを掛けたときに身体がスッと前に動いてしまうのです。

だから、この方法はオススメすることはできないです。

紹介してきた2つはバイクのシートについての対策ですが、最後に紹介するのは

ヒッププロテクターという商品で、パンツのように履くものになります。

ヒッププロテクターがよく使用されているシーンとしては、スキーやスノボ、スケボーなどで転倒したときにお尻を守るための物として有名です。

バイク用のヒッププロテクターも販売されていますが、どうしても歩きにくくなることやズボンがはきにくいことがあるので、実用的ではないかも知れません。

バイク保険

1時間に1度休憩を!

紹介させていただいた通り対策品はいろいろありますが、わたしのおすすめはやっぱり1時間に1回休憩することです!

もとゆき
1時間に1回の休憩です!!!

その理由ですが、20年間、指導員をしていましたが、1日トータルで5時間バイクに乗っていても、お尻が痛くなることはまったくなかったです。

『暑くて倒れそうになった』とか『寒すぎて手先が凍りそうになった』という言葉はよく聞きましたが、他の指導員からもお尻が痛くなって辛かったということは20年間指導員をしていた中で1回も聞いたことはありませんでした。

連続で乗っていると痛くなるが1時間に1回バイクから降りると痛くならないことを自信を持って言えます!

教習では1時限50分なので50分以上連続してバイクに乗ることは1回もありませんでした。

ツーリングで夕方に帰宅するために無理をして連続で走行してしまうことがありますが、無理してお尻が痛くなったまま帰宅することはもったいないです。

なぜなら、

せっかく楽しかったツーリングが最後に痛かったで終わること、そのイメージで終わるのがもったいないからです。

よいイメージで帰宅して次のツーリングにつなげるためにも今回、お伝えさせていただいた内容が参考になりましたら幸いです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。もとゆき

もとゆき
よろしければ動画もどうぞ!です。

万が一に備えてジャケットの種類を選ぶことなく使用できる胸部専用のプロテクター!おすすめです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事