乗れる機会が少なく、盆栽バイク化している、どうすればよいか?
スポンサーリンク

最近、バイクに乗る機会が少なく盆栽バイク化してきているという悩みをお持ちのライダーに向けて、28年間バイクに乗ってきた経験から盆栽バイク化しないための方法についてお伝えしたいと思います。

たくさんの方法があるとは思いますが、その中のひとつとして参考にしていただくことが出来ましたら幸いです。

よろしければお付き合いください。

スポンサーリンク

結論 バイクで買い物

早速、結論になりますが盆栽バイク化しないために、バイクで買い物に行くことをおすすめします。

バイクで買い物となるとバイクの車種によっては積載できる量が限られるので、バイクで買い物なんて不向きだ!と思われるかも知れませんが、バイクで運ぶことが出来るものだけをピンポイントに買い物をすれば良いという考え方です。

こんな事はありませんか?

家族で買い物に行ったときに、ついでに寄って買い物をしたい場所がある場合でも時間の関係や家族からの猛反対にあって、ついで買いが出来ないなんて場合もあるのではないでしょうか?

もとゆき
わたしはよくあります。

 

そのような買い物をバイクで行けば、家族からの反対もなく自分の行きたいところへ行くことが出来ますし、家族から急かされることもなく買い物に集中できます。

それと、1番のおすすめは家族に買い物をするものがないか?を尋ねることです。

わたしは休日の朝に家族からパンを買ってきて欲しいと言われたときに、バイクで買い物に行くようにしています。

日曜日の朝は道も空いているので気持ちよく走ることが出来るので最高ですよ。

スポンサーリンク

一石二鳥です

バイクで買い物に行くことのメリットは、バイクの調子を維持することが出来ることです。

バイクに乗ることをためらいながら、バイクに乗らずエンジンをかけてエンジンの暖気だけで終わってしまっていては、バイクの調子を確認することができません。

もとゆき
暖気だけでは、もったいないです。

 

やっぱり少しでも実際に走行してサスペンションなどの各装置を動かすことでバイクの調子を確認することが出来るようになります。

実際、バイクに乗ってしまえばせっかくなのでもう少し走ろうか?と足を伸ばすことにも繋がります。

何より家族からの買い物の要望を聞くことで、本当に喜ばれるのでまさに一石二鳥です。

家族からバイクの理解を得ることにも大きく貢献することになります。

スポンサーリンク

無理してツーリング

盆栽バイク化しないため無理にツーリングをすることはおすすめしません。

盆栽バイク化しようとしている理由については、ライダーによって様々だと思いますが、わたしがよく聞いた理由で多かったのは、バイクに乗る時間の確保が難しいということでした。

そのような状況下で、特に時間にゆとりがない状況でツーリングをすることは、焦りを誘発して事故を起こす危険も高まります。

もとゆき
焦りが事故を誘発してしまいます。

 

だから、無理をしてツーリングする必要はないと考えています。

事実、わたしも休日はたくさんの行事?をこなすハードスケジュールなっているため、遠方へのツーリングはほとんど出来ていないのが現状です。

その中で、盆栽バイク化しないためにバイクで買い物に行くことをよくしています。

時間が出来たときにツーリングをすれば良いと考えています。

わたしはバイク通勤もしているので利用頻度は高くなっています。

さいごに

せっかく購入したバイクを盆栽化させることは、もったいないと誰でも考えることです。

盆栽化で悩んでいると家族からバイクに乗らないのなら売れば!という悪魔のささやきが聞こえてくるようになります。

ささやきに負けてしまい売却したことで、後々後悔してきた知人や教習生をたくさん見てきました。

あや
ささやかれたら怖いワ

一度、バイクに乗るとバイク乗りはバイクの楽しさを忘れることが出来ず、またリターンすることになることが本当に多いので、ささやきに負けずに乗り続けるべきだと思っています。

だから、時間がなく忙しかったり、一時的に他の趣味などに時間を割いているときには今回、お伝えさせていただいたバイクで買い物に行くことをおすすめします。

家族からも喜ばれるので本当におすすめできます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

今回の内容が参考になりましたら幸いです。もとゆき

◆ 8年間使ってきましたが、本当に簡単にコーテイング出来るバリアスコートは、時間がなく忙しい方にも最適なグッズです! ◆教習指導員20年の経験から技能教習、検定でのあらかじめ知っておきたいポイントについてお伝えします! 【普通二輪MT編】 【大型二輪MT編 普通自動二輪免許所持】 ◆YouTubeでも毎週バイク情報を発信しています!チャンネル登録者数が2900名様となりました。お時間がございましたら、こちらもチェックしてください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事