1速で走行中、2速にギアを上げる際、ニュートラルに入ってしまったときの対処法
スポンサーリンク

1速で発進をして、2速に変えようとしたときにN(ニュートラル)に入ってしまい、驚いた経験をした方は、たくさんおられるのではないでしょうか?

 

わたしもその1人です。

 

Nに入るとエンジン音が大きくなるので、驚いて冷静な操作が出来なくなる場合があります。

また、どれだけバイクの操作に慣れた方でも、1速から2速に変えるときに、Nに入る可能性はあります。

 

今回は、Nに入ったときの対応とNに入る理由について、30年の経験を活かしお伝えさせていただきたいと思います。

よろしければお付き合いください。

スポンサーリンク

2速にギアを上げましょう!

早速、結論をお伝えします!

Nに入ったときは、2速に上げましょう!

 

その理由ですが、

速度が上がっている状態で、Nから1速に入れると急激にエンジンブレーキがかかってバランスを崩すおそれがあることが危険だからです。

 

また、エンジンの回転数も急激に上がるのでエンジンに負担もかかってしまいます。

この理由から、Nに入ったら2速に入れたいのですが、1速からNに入ると大きなエンジン音が聞こえるので、一瞬!何が起こった?となってしまいます。

 

1速で加速をしていて、身体は前方に行く気持ちになっていますが、

Nに入ったことで、失速してしまうので、そこで変な感覚になってしまいます。

 

それから、いつ発生するか?は予見できないので、Nに入ることを何度経験していても、正直、毎回、毎回、一瞬焦っています笑

 

もとゆき

ドキッ!とします。

 

対策としては、『Nに入ったら2速』、『Nに入ったら2速』と意識しておくことで、実際にNに入ったときに、少しは冷静な対応ができるようになると感じています。

スポンサーリンク

ニュートラルに入る理由1

次に、Nに入ってしまうと考えられる理由をお伝えします。

 

いつくか理由はありますが、多いと考えられるのは1速から2速に変速するときに、左足のシフトペダルのけり上げが弱い場合です。

 

けり上げが弱くなる要因として、左足甲の部分に痛みを感じるときです。

 

よくあるケースとしては、スニーカーで変速をしていると生地が薄い場合、痛みを感じることがあります。

 

その痛みが原因で、シフトペダルをけり上げる力が弱まり、1速からNで止まってしまうことがあります。

指導員をしているときに教習生さんから『左足の甲が痛い』という言葉を聞くことがありました。

 

あや

わたしも痛い思いをしたワ。

 

バイク用ブーツなら生地に厚みがあるので、変速で足の痛みを感じることは、ほとんどありません。

 

わたしも長年、バイク用ブーツを履いてきたので、自信を持ってお伝えすることができます。

 

ただ、いきなりバイク用ブーツを購入するとなると金銭的なハードルもあって難しいと思います。

 

下記のようにスニーカーに取り付けて、左足の甲を保護してくれる商品もありますので、よろしければご確認ください。

 

ご参考までに

 

スポンサーリンク

ニュートラルに入る理由2

もう一つ考えられる理由は、シフトペダルの潤滑油が少なかったり、完全に油分がなくなったことで、シフトが固くなってしまう場合です。

 

バイクに限らず、家の扉などでも扉の付け根部分の油分がなくなると、『ギギ―』と嫌な音が鳴ったり、扉が重くなることがあります。

 

もとゆき

このような経験をされている方も多いのではないでしょうか?

 

家の扉もバイクのシフトペダルも油分がきれる前に、潤滑用のケミカルを使うことで動きが滑らかになってくれます。

 

シフトペダルの固さを感じていたり、1度もシフトペダルに潤滑油を使っていないかも、と思われる方は、よろしければ下記をご参考にしていただけますと幸いです。

 

ご参考までに

 

さいごに

1速で発進をして、気持ちよく加速をさせて2速に入れたつもりが、まさかのNで

びっくりすることは、ライダーであれば1度は経験していると思います。

 

Nに入ってしまって、『ブーン』と大きなエンジン音が発生することで、あわてて

1速に入れ戻してしまう方も多いと思います。

 

1速に入れることで、急激なエンジンブレーキがかかってしまうと、バランスを崩す危険やエンジンにも負荷がかかることになります。

 

いつ?Nに入るか?はわからないので予見することが難しいですが、

『Nに入ったら2速』を意識しておくだけでも、Nに入ったときに少しだけでも余裕を持った対応ができると思っています。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

今回の内容が参考になりましたら幸いです。もとゆき

◆ 9年間使ってきましたが、本当に簡単にコーテイング出来るバリアスコートは、時間がなく忙しい方にも最適なグッズです! ◆教習指導員20年の経験から技能教習、検定でのあらかじめ知っておきたいポイントについてお伝えします! 【普通二輪MT編】 【大型二輪MT編 普通自動二輪免許所持】 ◆YouTubeでも毎週バイク情報を発信しています!チャンネル登録者数が3500名様となりました。お時間がございましたら、こちらもチェックしてください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事