バイク免許の一本橋で辞めた方へ:つまずく理由と元指導員からのアドバイス
スポンサーリンク

バイク免許取得において、一本橋は多くの人にとって難しい課題です。うまくいかない方々に向けて、一本橋でつまずく理由と元指導員からのアドバイスをお伝えします。

バイク免許の一本橋で辞めた方へ:うまくいかない理由

一本橋の課題とは

一本橋は、バイク教習所でぶつかる壁の一つです。簡単にできる人はスーッと真っすぐ進むだけだと言いますが、うまく行かない人からすればトラウマになるレベルで嫌いな科目だと思います。何度も落ちていると、落ち癖が付いて焦りますよね。自分にはセンスがないのかもしれないと考え、バイクに乗るのをやめようと考えてしまうこともあるでしょう。

一本橋での通過タイムとその重要性

一本橋の通過タイムは重要です。普通二輪の場合、7秒以上かけて渡り切らないといけません。ゆっくり慎重にやりたくなる気持ちはわかりますが、思い切って速度を上げて乗り上げることを試してみましょう。坂道発進と同じような感覚で行うとうまくいくことがあります。

一本橋の難易度

一本橋の難易度は高いと言われています。これは、低速でバランスと制御を同時に行う必要があるからです。

一本橋の失敗例と原因

一本橋での失敗例として、以下のようなことがあります。

 

  • そもそも乗ることができない。
  • 途中で落ちてしまう。
  • 上半身に力が入りすぎてしまう。
  • 頭や体が揺れてしまう。

 

一本橋のメンタル面について

一本橋はメンタル面でも挑戦です。緊張や焦りが技術を阻害することがあります。

他の教習生を気にせず、自分のペースで進めていきましょう。

一本橋のクラッチとブレーキの使い方

クラッチとブレーキの使い方は一本橋の成功にとって重要です。適切なクラッチ操作でバイクの速度をコントロールし、リアブレーキを使ってバイクのバランスを保つことが必要です。

年齢と一本橋の関係性

年齢は一本橋のパフォーマンスに直接的な影響はありませんが、年齢が上がると体力や反射神経が低下するため、一本橋のパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

バイク免許の一本橋で辞めた方へ:元指導員からのアドバイス

バイク卒検:一本橋の合格基準と減点

一本橋の合格基準は、一定の時間内に一本橋を渡ることです。減点は、バランスを崩したり、通過タイムに不足があったときに発生します。(普通二輪では7秒以上、大型二輪では10秒以上です)

一本橋のコツと練習時の注意点

バランスのとり方

上半身(頭・肩・腰)を動かさずにハンドル(腕)だけでバランスを取るようにしましょう。上半身が動くと、動いた方向に体重がかかりバイクが傾いてしまい、バランスを崩す原因になってしまうからです。

二―グリップ

二―グリップが出来ていないとふらついて減点になることもあります。

姿勢をおんぶされた状態を意識してニ―グリップするコツを掴みましょう。

ジグザグに進む

幅30cmしかない橋の上をあえてジグザグに進むのは、落ちるリスクが高くなると感じるかも知れませんが、やってみると意外と上手くいきます。一度、試してみてください。

一本橋の課題をクリアするためのアドバイス

一本橋の課題をクリアするためのアドバイスは、まずは基本的なバイクの操作をマスターすることです。次に、一本橋の練習を重ね、自信をつけることが重要です。

一本橋の課題をクリアするためのメンタル面のアドバイス

一本橋の課題をクリアするためのメンタル面のアドバイスは、自分自身を信じることです。

絶対にあきらめないことです。

また、失敗を恐れずに挑戦し続けることが重要です。

さいごに

バイク免許の一本橋は難しい課題ですが、適切な練習とメンタル面の準備で克服することができます。この記事があなたの一本橋の成功に役立つことを願っています。頑張ってください!もとゆき

バイク保険 【大型二輪MT編 普通自動二輪免許所持】 【脱ペーパードライバーさんのお助けブック】 ◆YouTubeでもバイク情報を発信しています!

Twitterでブログ更新をお知らせしています!

おすすめの記事