ドキドキしないためにやっておきたいバイクのミラー調整!

教習所のバイク教習ではバイクに乗ってから、必ずミラーの調整を行っていたと思います。

 

教習では、毎回教習生が変わるので、身長などの違いから必ずミラーを調整する必要があったと思います。

 

しかし、バイク免許を取って自分のバイクを買えば、自分しか乗らないので毎回ミラーを調整する必要はないと考える方もおられると思います?

 

本当にミラー調整が必要ないのか?

 

今回は、バイクのミラー調整についてお伝えしたいと思います。

 

よろしければお付き合いください。

スポンサーリンク

誰かがミラーに当たる?

自分のバイクなら毎回、毎回ミラーを調整する必要なんていらないと思いがちですが、

実は学校や会社、買い物などでお店の駐車場にバイクを停めている間に、

 

歩行者や自転車に乗った人がミラーに腕などをぶつけてしまい、ミラーの角度が変わってしまっている場合があります。

 

特にショッピングセンターの駐車場では、歩行者が買い物袋を両手にぶら下げて歩いていて、止まっているバイクの横を通過するときに、知らない間にミラーに当たってしまう場合があります。

 

いままでにミラーの角度が変わっていたことが何度もありました。

 

それがあるので駐車場に止めていたバイクに乗ったらミラーの角度を見るようにしています。

スポンサーリンク

走行中にミラーが外れそうでドキドキ

いままでに28年間バイクに乗ってきた中で走行中にミラーが外れそうになってドキドキしたことがありました。

 

その場面は、走行している時に突然!発生したのです。

 

左ミラーを見るといつもと違う違和感を感じたのです。

 

凄くミラーがぐらんぐらんと揺れるのです!

 

そんなに路面が悪いところを走行していたかな?と考えていたら、

 

今にもミラーが外れそうになっているのです!!

 

完全にミラーが外れる前に気付くことが出来ので、走行しながらミラーを左手でくるくる回し、ミラー落下しないようしてから、

 

バイクを左側に寄せて止めましたが、本当にドキドキしました。

 

ミラーの角度は調整していましたが、まさかミラー本体が動き出すとは想像もしていなかったです。

 

その経験からミラーの付け根部分をさわって緩みがないか?を確認するようになりました。

さいごに

自分のバイクだと基本的にミラーの角度が変わっていることがないので、ミラー調整や取り付け具合の確認を軽視しがちですが、

 

駐車場に停めている間に誰かがミラーに身体の一部をあててしまったときに、ミラーの角度が変わったり、ミラーの取り付け部分が緩んでしまっていることがあります。

 

エンジンをかけて発進する前に左右のミラーを触る習慣をつけることでトラブルを回避して、楽しいバイクライフを送りたいですね。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

今回の内容が参考になりましたら幸いです。もとゆき

◆ 8年間使ってきましたが、本当に簡単にコーテイング出来るバリアスコートは、忙しく時間がない方にも最適なグッズです! ◆20年間、教習所で指導員、検定員をしていた経験から執筆しました。教習所に入校する前から準備をしておけばよい事から卒業検定(試験)当日のアドバイスまで細かく記載しております。 ◆ YouTubeでも毎週バイク情報を色々と発信しています! おかげさまでチャンネル登録者数が2300名様となりました。 お時間がございましたら、是非!遊びに来てください。お待ちしております!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事