誰でもバイクを購入した後は納車日が楽しみでウキウキ、わくわくするものです。

 

待ちに待ったバイクの納車日がやってきたら、すぐにでもツーリングに行きたくなりますが、バイク購入後に必要なものを準備しておくことで、何かあった場合でも安心してバイクライフを楽しむことができます。

 

ここでは、バイク購入後にすることや必要なものについてお伝えしたいと思います。

 

おおむね1分程度の内容となりますので、よろしければお付き合いください。

スポンサーリンク

予備用レバーとペダルを購入しておきましょう!

いきなり不吉なことを言ってしまいますが、転倒してレバーやペダルが折れてしまった場合のために、予備のレバーやペダルをすぐに購入して、バイクに積んでおくことをお勧めします。

 

もとゆき
大切です!

私の経験談ですが、友人と北海道へツーリングに行った際に、友人が転倒してしまい、ブレーキレバーとクラッチペダルが折れてしまいました。

 

電話をしようにも圏外でレッカー車を呼ぶこともできず、ローギアのまま、電波が届く場所まで10キロ以下の速度で約2時間かけて走行したことがあります。

 

山中のツーリング先では、スマホが圏外になることもありますので、予備のレバーやペダルを必ず積んでおくことをおすすめします。

 

また、一度練習でレバーやペダルを交換しておくと、使用する工具もわかるため、安心できますね。

スポンサーリンク

傷防止用のシールを貼りましょう!

バイク購入時にしておきたいことの2つ目は、使用上のすり傷を防止するためにシートの貼り付けです。

 

貼り付ける場所は、ガソリンタンクの足で挟む部分や、カウルがあるバイクの場合はカウルの下部分など気になるところに貼り付けておくと良いと思います。

 

カウル下なども貼り付けておくと、地面から巻き上げた石の傷などを防止できます。

 

購入して早々にこんなことを記入するのは不謹慎ですが、バイクを売るときに傷が少ないほうが当然、査定も上がります。

 

私の愛車ZRXにもシートを貼っていますが、19年たってもシールが色あせたり、はがれてきたりすることなく使用できています。19年間使用!すごいコスパです。

 

もとゆき
本当におススメです!

これは購入後すぐにしておいてよかったと本当に思っていますので、悩まずに気になる箇所に貼り付けておくべきです!

 

下記のシールは自由にカッティングが出来るので色々な部分に貼ることができておすすめです!

 

オススメです。


スポンサーリンク

コーティングをしましょう

四輪車を購入するときはコーティングをする方が多いと思いますが、バイクを購入する時にコーティングをしている方は少ないのではないでしょうか。

 

やはり最初が肝心で、バイクもコーティングをすることで新車の輝きを継続させることができますし、小傷の防止もできます。

 

スマホ購入時の画面保護ではありませんが、汚れが付着する前にコーティングすると効果も高まります。

 

長年にわたり下記のワコーズのバリアスコートを使用していますが、簡単にコーティングができるすぐれものです。本当におすすめです。

 

オススメです。


さいごに

バイクを購入すると、嬉しくて嬉しくて行く先も考えずに走りたくなりますが、その気持ちをぐっと抑えて、シールの貼り付けやコーティングをしておくと、「先にしておくべきだった」と後悔することもないと思います。

 

レバーやペダルは、バイクの小物入れのスペースに入れることができれば煩わしさもないと思いますので、そのスペースがあるか確認してみてください。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

今回も内容が参考になりましたら幸いです。もとゆき

 

◆ 9年間使ってきましたが、本当に簡単にコーテイング出来るバリアスコートは、時間がなく忙しい方にも最適なグッズです! ◆教習指導員20年の経験から技能教習、検定でのあらかじめ知っておきたいポイントについてお伝えします! 【普通二輪MT編】 【大型二輪MT編 普通自動二輪免許所持】 ◆上記のガイドブックは、AmazonKindle Unlimitedの無料体験でお読みいただくことが可能です。下記バナーよりご登録いただけます。 ◆YouTubeでも毎週バイク情報を発信しています!チャンネル登録者数が3890名様となりました。お時間がございましたら、こちらもチェックしてください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事