カワサキ ゼファー1100の価格高騰にビックリ!!です
スポンサーリンク

わたしの愛車はZRX1100ですがその前に乗っていたバイクがゼファー1100でした。

ゼファー1100はわたしにとって、はじめての大型バイクで4年間乗っていました。

ここではゼファー1100のことについて色々お伝えしたいと思います。

おおむね1分間くらいの内容です。

よろしければお付き合い下さい。

新車で85万円で購入しました

当時は、大型バイクの中でも人気がなく本当に安く購入することができました。

今ならリッターバイクを新車100万円以内で購入することは難しいのではないでしょうか?

ところが最近、中古車価格を見ると走行距離が不明なゼファー1100が100万円で販売されている等、価格高騰していることにビックリ!しました。

ちなみにこのゼファー1100で北海道1周と九州ほぼ1周をしてきました。

カスタムも少しずつして、気に入って乗っていましたがツーリングで酷使したため車両の損傷がひどくZRX1100に乗り換えることになりました。

スポンサーリンク

オイル漏れが直らない

ぜファー1100に4年間乗っていて一番苦労したことはエンジン上部からのオイル漏れでした。

クレームで3回エンジン上部のガスケットを交換してもらいましたが、直ることはありませんでした。

購入したバイク屋さんに言われたことは『製造段階で問題があるのでこれ以上はどうしょうもない』と今ではありえない言葉を聞くことになりました。

当時のカワサキの評判は壊れる、乗りにくい、ギアが硬くて入りにくいなど聞きたくないような話ばかりが飛び交っていたので、不思議なことにわたしも仕方ない『カワサキ』だからと諦めていました(笑)

しかし、今でも覚えていますが結構な量のオイルが漏れていました。

購入をお考えの方はお気をつけください。ちなみに左側がよく漏れてくると言われました。

わたしの車両も左側でした。

宣伝ではないですが、思っているより愛車の価格が高額になっている場合があるので

1度、確認されてもよいかも知れませんね。

よろしければ下記よりどうぞ!

 バイク王

スポンサーリンク

悪口ではありませんが?

悪口ではありませんが車重は265kgもあったので取り回しが大変でした。

少しの坂道でも押して歩くことが難しく、とても重たかったことを覚えています。

フラグ交換もツインプラグで合計8本交換しないといけなかったので、毎回、金額もなかなかのものになりました。

一番、困ったことはタイヤ交換時のときでした。

実は、ゼファー1100はフロントタイヤが18インチでリアタイヤが17インチの前後インチ違いのタイヤだったので、サイズをさがすことが大変だったことと自分の好きなタイヤ銘柄をチョイスすることができなかったのが、今思えば残念な点だったと思います。

ツーリングに最適でした

前愛車の悪口ばかり言っていると怒られそうなので、ゼファー1100のよかった点をお伝えします。

非常に重たい車体ですが、走り出すとそんなことを感じさせない走りをしてくれます。

ネイキッドバイクですから当然、運転姿勢がとても楽だったのですが、シートの肉厚があり長時間の走行でも疲れることはありませんでした。

北海道で1日400km走行したことがあるので、一応実証済みです(笑)

1100ccのエンジンですから車体が重くてもアクセルを回せばリッターバイクらしい加速をしていました。

ツーリングで走行していて不満になることはなかったです。

デザインに関しては賛否があると思いますが、わたしはZ1が好きでゼファーを購入したのではなく車体からはみ出るエンジンとそのフィンの美しさが気に入った点でした。

テールランプの形も好きでした。

当時はレプリカ全盛期でしたが、その中でバイクらしいバイクを確立していたように思います。

燃費は・・・・・10km/L~15km/Lの間でしたので悪くはなかったですが、よくもなかったです。

さいごに

今から購入される方もおられると思いますが、軽量化することで普段乗りがとてもやりやすくなると思います。

わたしも当時、テックサーフというマフラーを購入して自分で交換しましたが純正マフラーはとてもとても重たかったことを記憶しています。

マフラーとホイールを変えるだけでも、かなりの軽量化ができると思います。(かなりの金額になりますが・・・)

ひょっとしたら値上がり目的で購入される方もいるかも知れませんね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。もとゆき

YouTubeでの発信を始めて、 チャンネル登録者数が1300名を超えました! 動画と音声でバイク情報をより伝えやすくなりました。 1週間に1回以上アップしています。 チャンネル登録をしていただけますと、最新情報をお伝えすることができます!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事