もう一度乗りたいアメリカンバイク!スティード400の魅力

40代のライダーの皆さん、最近になって

「アメリカンバイクに乗りたい」と思うことはありませんか?

ちょうどバイクの免許が取れる年頃になった

90年代は、アメリカンバイクブームがありましたよね?あの頃、アメリカンバイクに憧れたライダーの方は多かったのでは?ないでしょうか?

今回は、アメリカンバイクについての内容をお伝えします。

よろしければお付き合いください。

スポンサーリンク

きっかけ

92年に公開された ハーレーダビッドソン&マルボロマンという映画に出てきたハーレーダビッドソンがかっこいいと思うようになり、そのイメージに近いバイクを探すようになりました。

ご参考までに

スポンサーリンク

スティード400

私が当時実際に買って乗っていたバイクはホンダスティード400でした。

ヤマハ ビラーゴと悩みましたが、カスタムパーツの多さと映画のハーレー仕様でカスタムされていたスティードを見たので、スティードに決定しました。

わたしが購入したモデルはガソリンタンクが9Lから11Lに変更したモデルでした。

今回は、スティード400の魅力について語りたいと思います。

スポンサーリンク

スティード400の魅力

スティード400の特徴ですがホンダ独自の水冷・狭角Vツインエンジンが採用されており、

特に低速から中速での操作性が抜群で、力強くトルク音がバイククルージングの楽しさを高めてくれます。

ホイールベースは160cmとかなり長く、シートの高さも68センチと50ccスクーター並みの低さにとどめられており、

スポーツタイプやネイキッドタイプなどに比べて、疲れにくく快適に走れるのも魅力です。

リアタイアは170/80-15と存在感のあるごついサイズを採用するなど、男らしいイメージが強調されているのもアメリカンタイプならではの魅力でした。

バイクの全長は231センチとビッグサイズ。

ちなみにわたしの愛車ZRX1100は全長212センチなので、大型バイクよりも大きいです。

威風堂々とした存在感と、繊細な優雅さが同居したロング&ローボディーのアメリカンなデザインが我々を魅了します。

デザインがカッコいいという声がとても多かった。

納車待ちが発生して、中古車価格の方が高くなる現象も発生したほど人気がありました。

さいごに

1990年代に一大ブームとなったアメリカンバイク。

しかし2021年現在、国内で発売されている国産400ccモデルは1台もなく、250ccモデルでもホンダ・レブルがあるのみという寂しい状況です。

アメリカンバイクに憧れた世代としては寂しい限りですね。

今度、私も昔を思い出してスティード400を探して、レンタルで走りに行きたいと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

今回の内容が参考になりましたら幸いです。

よろしければ動画もどうぞ!

◆おすすめのプロテクターです! ◆20年間、教習所で指導員、検定員をしていた経験から執筆しました。教習所に入校する前から準備をしておけばよい事から卒業検定(試験)当日のアドバイスまで細かく記載しております。 ◆ YouTubeでも毎週バイク情報を色々と発信しています! おかげさまでチャンネル登録者数が2500名様となりました。 お時間がございましたら、是非!遊びに来てください。お待ちしております!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事