バイク炎上】バイクの炎上ニュースを見て不安に思ったライダーさんへ!考えられる原因と対策をお伝えします!
スポンサーリンク

最近、バイク炎上のニュースがSNSやTVの情報番組でも取り上げられていました。

バイクが炎上する動画を見て、ショックを受けたライダーさんも多かったのでは

ないでしょうか?

バイクの炎上動画を観て、わたしはショックを受けました。

動画を見る限りではバイクが炎上したライダーさんは、すぐにバイクから降りたので大けがはされていないように見えましたが、

バイクはおそらく全焼したと思われますので、オーナーさんの気持ちを考えると

言葉もありません。

また、バイク経験の浅いライダーさんは、バイク炎上のニュースを知って、バイクはよく炎上することがあるのか?・自分のバイクは大丈夫なのか?など炎上について、不安や疑問に思われた方も多数おられたのではないでしょうか?

ここでは、バイク歴30年と指導員20年の経験から、バイク炎上についてのわたしの考えをお伝えさせていただきます。

よろしければお付き合いください。

スポンサーリンク

結論 安心してください

最初にお伝えしたいことは、バイクが炎上することはほとんど発生しない、稀なことなので安心してくださいということです。

もとゆき
稀なことです!

もちろん、わたしの経験談になるわけですが、30年間バイクに乗ってきた中で自分の目でバイクが燃えている光景を見たことは1度もありませんでした。

いままでに四輪車が燃えている光景は見たことがありました。

しかも、2回もです。

いずれも高速道路上でボンネット部分から火が出ている光景でした。

また、指導員をしていたときに教習生さんからもバイクに関する話を色々と聞くことがありましたが、バイクが炎上した話を聞くことはやはり1度もありませんでした。

これまでの経験から、バイクが炎上することはほとんどなく、本当に稀なことだと思っています。

スポンサーリンク

前兆があるはず

ただ、バイク炎上のトラブルが絶対に発生しないという事は断言することはできません。

あや
確かにそうね

情報が確実なものではありませんが、今回のバイク炎上の車両が旧車だったという情報が耳に入ったときには、正直『どきっ』としました。

なぜなら、わたしの愛車カワサキZRX1100号は購入してから22年が経過している旧車になるからです。

バイクが新しい、古いに関わらずバイク炎上の確率はどのバイクにもあるわけですが、

バイク炎上に限らず、故障する前に何かしらの前兆があることの方が多いと思います。

バイク炎上の場合は、考えられる理由としてはガソリンが漏れていて、そのガソリンが引火したことで炎上したことが考えられます。

ガソリンが漏れていることを確認する場合なら、ガソリンタンクからエンジンに向かってホースが出ていますが、そのホースに亀裂やホース自体の抜けがあることでガソリンが漏れることが想定されます。

最悪、漏れがひどいとバイク下の地面にガソリンがポタポタと落ちているかも知れません。

また、ガソリンが漏れている場合はガソリン臭も強烈です。

スポンサーリンク

ガソリン漏れの経験

わたしはバイクでガソリンが漏れたことはありませんが、ガソリンを漏らした経験があります。

あや
どういうことなの?

バイクのプラグを交換するときにガソリンタンクを外したのですが、その時に燃料コックの調節をしていなかったために、ガソリンを漏らしたことがありました。

すぐに燃料コックを調節してガソリン漏れを止めたのですが、

ガソリンの臭いがガレージ内に充満してしまい、家族からも『臭すぎる!』と大苦情をうけたことがありました。

もとゆき
怒られました!

この経験から言えることは、ガソリンが漏れていたら屋外でも臭いを感じると思います。

バイクに乗ろうとしたときに、自分のバイクからガソリン臭いと感じたら、

絶対にそのままエンジンをかけることはせずに、バイク屋さんまで押していくか?バイク屋さんに取りに来てもらうようにしましょう。

そうしないと最悪エンジンをかけたときに炎上するかも知れないからです。

ガソリン臭いと感じたり、ホースから液体が漏れている場合は絶対にエンジンをかけずに対応することが何よりも大切です。

最悪、炎上するかもしれないからです。

点検が大切

ガソリンが漏れている場合に限らず、定期点検を通じて故障する前に予防しておくことが大切だと感じました。

例え大きな事故にならなくても、

故障してからでは対応することに時間もお金もかかってしまうことになります。

あや
確かに!

ツーリング先や通勤のときに故障したら、やっぱり大変ですよね。

それと自分で点検する場合でも、お店に点検を任せる場合でも交換する必要がある部品については、早め、早めに交換しておくことでトラブル回避ができると思っています。

まだ、大丈夫!使える!と思ってしまいがちですが、そこまで先延ばしできないことを考えて、いさぎよく交換することが大切だと自分に戒めています。

さいごに

わたしの経験上では、バイクが炎上することは本当に稀なことで、ほとんど発生しないと言っても過言ではないくらいです。

あらためてバイク乗りはじめのライダーさんには、安心してくださいとお伝えしたいです。

ただし、絶対に炎上することがないとは断言できません。

故障が発生したときには、おそらくですがガソリンが漏れているのが見えたり、臭いがするなど異変を感じることができるはずです。

異変を感じたら、絶対にエンジンをかけることはせずに、自分で確認をしたりバイク屋さんに見てもらうことが必要になります。

ただ、故障してからでは対応が遅れることになりますから、

やはり定期的な点検で部品を交換するなどの予防策が大切だと感じています。

わたし自身も予防のための費用は惜しむことなく、バイクのコンディションを保っていきたいと思いました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました

今回の内容が参考になりましたら幸いです。もとゆき

よろしければ動画もどうぞ!

◆ 万が一に備えて・・・ ◆教習指導員20年の経験から技能教習、検定でのあらかじめ知っておきたいポイントについてお伝えします! 【普通二輪MT編】 【大型二輪MT編 普通自動二輪免許所持】 ◆YouTubeでも毎週バイク情報を発信しています!チャンネル登録者数が2900名様となりました。お時間がございましたら、こちらもチェックしてください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事