教習所の指導員になるために必要な試験は6つあります!
スポンサーリンク

今回は教習所の指導員になるための審査についてお伝えしたいと思います。

ご興味がございましたら

お付き合いください。

審査は6つ

指導員になるための審査(試験)は公安委員会が行なっています。

一般の人も受験することができますが、基本的には教習所に入社して、事前の教養を受けてからの受験が一般的な流れです。

また、四輪車の普通教習指導員を最初にとるケースが多いです。

普通二輪指導員、大型二輪指導員、中型自動車指導員など別々に審査を受けて資格をとることになります。

審査の内容は大きく分けて2つになります。

1つは知識に関する審査、もう1つは技能に関する審査です。

詳細は

知識に関する審査

1、自動車教習所に関する法令についての知識

2、教習指導員として必要な教育についての知識

3、教則の内容となっている事項、その他自動車の運転に関する知識

技能に関する審査項目

1、教習指導員として必要な自動車の運転技能

2、技能教習に必要な教習方法

3、学科教習に必要な教習方法

全部で審査項目が6つになります。

合格基準は審査項目によって違いがありますが、80%〜95%となっています。

例えば、正誤式の問題で95%以上の場合であれば、50問出題された場合2問までは間違えても合格できますが、3問間違えると不合格になるということです。

6つの審査をすべて合格すると指導員資格者証が交付されます。

例えば、6つの審査の内、5つの審査に合格して、1つだけが不合格になった場合は

各都道府県によっても差がありますが、合格した審査科目は1年間は有効になる場合が多いです。

つまり、次の審査は不合格となった科目だけを受験すればよいわけです。

審査は年間で2、3回実施されていますので、1年を経過するまでに6つの審査を合格すればよいことになります。

1回で合格する人の合格率はむらがありますが、20%〜40%です。

スポンサーリンク

苦労したことは

どの科目が難しいか?は個人の考え方によりますが、わたしは運転が難しいと思いました。

何が発生するか?わからない路上試験で85点以上の運転が求められるからです。

となりの助手席で採点をするのは試験場の試験官(警察官)です。

うわさで聞いていたことは、指導員審査の採点が1番厳しいと言われていました。

ガッツリ警察の制服を着て横に乗っているので、それだけで緊張してしまいます。

基本的に審査日まで毎日、試験場に練習に行きました。

休みの日も当然!自家用車で練習です。

怪しい動きをしているせいか?

数回、パトカーに職務質問をされました。

多分、無免許運転をしていると思われたのだと思います。

結果として、審査日までの約3ヵ月間で500時間以上は練習をしました。

スポンサーリンク

暗記だらけ

運転以外の科目については、基本的に暗記をすることが中心になります。

人よっては受験勉強よりも大変だった言っている人もいました。

暗記が好き、嫌いもありますが限られた期間でたくさんのことを覚えていくので、暗記嫌いの人にとっては大変な勉強になると思います。

覚えることが多いので、少し前に覚えたことがスーと頭から抜けていくことが多かったです。

警察官と面接?

技能と学科の面接については、警察の制服は着ていませんが、警察官二人と面接になります。

当然、試験対策をして面接をうけるわけですが、なかなかの緊張感の中、模擬の学科教習をしたり、模擬の技能教習(わたしは車庫入れをやりました)を警察官の方に対してやるわけです。

当たり前ですが、どの学科をやるか?どの技能教習をやるか?は事前に指定があるわけではないので、何を言われてもすぐに対応出来るように準備をしておく必要があります。

つまり、暗記をして覚えておく必要があります。

本当に運転以外は覚えることばかりでした。

人に教えるわけですから当たり前のことですよね。

1回で合格できました

なんとか、無事に1回で6つの審査を合格することが出来ました。

わたしの同期は2人不合格で、その時の審査合格率が、確か30%台だった記憶があります。

指導員を目指す方の参考にならないかもしれませんが、運転練習をひたすら行うことととにかく暗記をたくさんすることが審査合格の最低条件になるような気がします。

合格してからは教習生にどうしたらわかりやすく、伝えることが出来るのか?を考えていく必要があります。

合格してからは暗記ではなくどうしたらわかりやすく伝えることが出来るかを勉強する日々でした。

また、機会がありましたら指導員時代のことを記事にしたいと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。もとゆき

YouTubeでの発信を始めて、 チャンネル登録者数が1300名を超えました! 動画と音声でバイク情報をより伝えやすくなりました。 1週間に1回以上アップしています。 チャンネル登録をしていただけますと、最新情報をお伝えすることができます!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事