安全運転のプロが警鐘!近寄らない方が良い車とは?【持論】
スポンサーリンク

道路上での安全運転は誰もが心掛けるべき重要なテーマですが、実際には我々が気づかない間に、周囲の車の選択が事故を避けるための鍵となることもあります。

この記事では、安全運転の専門家が独自の視点から、「近寄らない方が良い車」というテーマについて考えてみたいと思います。

背の高い車

特に交差点に進入する前に留意すべきは、背の高い車に接近しないことです。

ここでの「背の高い車」は、トラックやバス、そしてアルファードやエルグランドのようなワゴン車を指します。

これらに近づいてしまうと、バイクがその陰に隠れてしまい、他の車から見落とされる危険性が高まります。

 

さらに、自身(ライダー)から背の高い車が間に挟まれている状態では、対向車が右折してくる際に視界が遮られたり、横から急に現れる車が見えづらくなる可能性があります。

背の高い車が周囲に存在する場合は、できるだけ車間距離を広めに取ることが重要です。

他府県ナンバー車

他府県ナンバー車に近づかない理由は、未知の道路での運転が引き起こす危険性があるからです。

未知の道路で運転する際、道を知らないことによるリスクが存在します。

道が分からない運転者の予測困難な運転操作には以下のようなものがあります

  • 急な迷いによる突然の減速
  • ウインカーを使用せずに曲がる行動

私たち自身が未知の道を走行する経験を振り返ってみると、誰もが道に迷ったことがあることでしょう。

他府県ナンバー車を目にした場合、その運転者が未知の土地で運転している可能性を考慮し、車間距離を十分に空けることが重要です。

 

しかしながら、他府県ナンバー車を意識的に見つけることは容易ではなく、ナンバープレートを確認することも難しいことがあります。

安全運転を心がけつつ、周囲の車との適切な距離を保つことをおすすめします。

タクシー

仕事の特性を考慮すると、タクシーが急に停止したり進路変更したりすることは避けられない側面もあるかもしれませんが、それに伴うリスク回避には細心の注意が必要です。

タクシーが道路上で運行中、特に交差点付近での停車時には、乗客の乗降のために慎重な停車が求められます。

さらに、停車していたタクシーが乗客を乗せて再出発する際には、急な進路変更やUターンなどのアクションが発生する可能性があるため、常に注意を払って視覚的に確認しておくことが大切です。

初心者、高齢者マーク

初心者マークや高齢者マークを付けている車にも、当然の注意が必要です。

 

もとゆき

運転操作が不安からくる、急減速やウインカーの出し遅れが考えられます。

 

また、周りの状況を十分に把握していないための確認不足も考えられますので、車間距離を十分に空けておくことが必要です。

特に留意すべきなのは、初心者マークや高齢者マークがどこに付いているかを見落とさないようにすることです。

周囲の車両と比較しながら、適切な配慮と注意深い運転を心がけましょう。

さいごに

安全運転の専門家からの警告!避けた方が良い車の選択肢とは?というテーマで、お伝えしましたが、私たちは純粋に事故予防の観点からこの内容を強調いたしました。

もし、この情報が該当する運転者の方々に届いた場合、誤解のないようにしていただければ幸いです。

安全運転においては、慎重かつ正確な判断が必要であり、この情報を通じて皆さんがより安全な選択をする手助けとなれば幸いです。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

今回の内容が参考になりましたら幸いです。もとゆき

バイク保険 【大型二輪MT編 普通自動二輪免許所持】 【脱ペーパードライバーさんのお助けブック】 ◆YouTubeでもバイク情報を発信しています!

Twitterでブログ更新をお知らせしています!

おすすめの記事