スポンサーリンク

普段、バイクに乗る際に苦手な点として、クラッチ操作が上手くできない方もいらっしゃるかもしれません。

クラッチ操作が十分にマスターできないと、エンストしてしまったり急発進したりする可能性があり、それは非常に危険なことですね。

そこで、今回はクラッチやブレーキの操作感覚を理解しやすくするためのグローブをご紹介いたします。

ぜひ、ご興味をお持ちいただければ幸いです。

エトスデザイン TRY-1

早速、おすすめのグローブをご紹介します。

エトスデザインのTRYー1グローブになります。

 

もとゆき

このグローブは主にトライアル競技に向けて開発されたアイテムです。

 

そのため、競技の要求に合わせて設計されており、特に「素手感覚」という要素が重要視されています。

この特徴により、グローブは手にぴったりとフィットし、操作が非常にしやすくなっています。

興味深いことに、このグローブはトライアル競技だけでなく、全国の白バイ隊員や教習所のインストラクターにも広く支持されています。

事実、バイクのプロフェッショナルたちもこのグローブを愛用し、それを通じてその使いやすさが実証されています。

つまり、このグローブはトライアル競技のために開発されましたが、幅広いバイク関連の活動においても優れたパフォーマンスを発揮することが確かめられています。

そのため、どんなライダーにとっても、安心して使用できるアイテムと言えるでしょう。

よろしければ下記ご参考ください。

 

 

操作性について

私が指導員をしていた、約20年もの間、このグローブを使用してきました。

その際、素手でグリップを握る感覚が何よりも際立つものでした。

 

もとゆき

この感覚は本当に言葉で表現しきれないほど特別でした。

 

この特別な感覚の秘密は、グリップを握った状態でも、しわやたるみが生じないように設計されていることにあります

このため、グローブと手の間に余計な隙間ができず、ダイレクトな感覚を得ることができるのです。

クラッチ操作が苦手な方にとって、その原因はしばしば半クラッチ操作が難しいことに起因していると考えています。

この商品を使用して練習することで、クラッチの感覚が明確になり、半クラッチ操作のスキル向上が期待できるでしょう。

その結果、よりスムーズな運転が可能になり、安定感のあるクラッチ操作を身に付けることができると思います。

 

デメリット

もちろん、このアイテムには多くの利点がありますが、同時にデメリットも存在します。

例えば、その白い生地の部分は、使用してすぐに真っ黒になってしまうことがあります(笑)。

 

もとゆき

これは、美観を保つ上で少し難点かもしれません。

 

さらに、この製品は主にトライアル競技で使用することを前提に設計されています。

そのため、操作性と耐久性に優れており、過酷な使用条件にも耐えられます。

しかし、頑丈なプロテクターの機能は搭載されていないため、特定の安全性を求める場合には注意が必要です。

 

さいごに

クラッチ操作に苦手意識を持つ方々を多く見てきましたが、特に半クラッチの操作において苦労されることが少なくありませんでした。

 

もとゆき

クラッチの操作は、手の感覚に大いに依存する要素が含まれています。

 

そのため、今回ご紹介させていただく『素手感覚』のグローブは、操作感覚を身につける上で非常に助かるアイテムであると確信しております。

20年の使用経験から、このグローブは非常に使いやすいものであると自信を持ってお伝えいたします。

クラッチ操作に苦しむ方々のお役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。もとゆき

今回の内容が参考になりましたら幸いです。もとゆき

 

バイク保険 【大型二輪MT編 普通自動二輪免許所持】 【脱ペーパードライバーさんのお助けブック】 ◆YouTubeでもバイク情報を発信しています!

Twitterでブログ更新をお知らせしています!

おすすめの記事