バイク事故 駐車車両に追突事故する事故が発生しています!
スポンサーリンク

先日、大阪府警の交通安全情報を見ているとバイクが道路に駐車している車に追突をする事故が多発していることを知りました。

わたしもバイクで走行していて暗闇の中で駐車している車を見てドキッとしたことはあります。

今回は、駐車車両に追突をしないために気をつけていることをお伝えしたいと思います。

よろしければお付き合いください。

スポンサーリンク

急に暗くなるところ

駐車車両に追突する危険性があるのは夜間です。

単純に昼間に比べて見えにくいからです。

『そんなこと分かるわ!』と思われると思います。

ただし、夜間走行をしているときの周りの暗さは一定でしょうか?

山の中を走行していたらずーっと真っ暗で一定の場合があるかも知れませんが、

たいていの場合は、対向車とすれ違ったり、コンビニの前を通るときにお店の照明で暗さが変わることがあると思います。

実は、この暗さが変わったときに注意をしています。

それは、明るい場所を通った後、急に暗い場所を通ると自分の目が暗さに慣れるまでに少し時間がかかってしまうのです。

慣れるまでは見えにくくなってしまいます。

映画館で上映が始まっていて真っ暗な部屋に入ったときに目が見えにくくなることを経験されている方はイメージがつきやすいのではないでしょうか?

目が慣れるまでに間に駐車車両が止まっていると発見が遅れてしまい、

最悪、追突をしてしまうかも知れません。

速度を落とす

事故防止策は『速度を落とすこと!』になります。

当たり前や!と言われそうですが、この対策が簡単なようで意外と難しいのです。

その理由が二つあります。

一つは、夜間で道が空いているのでスピードを出しやすい状況になっています。

交通量が多いと速度を出したくても、自分が思うように速度を出すことが出来なくなる場合が多いです。

もう一つは、明るい場所を通った後に急に暗い場所を通ることになっても、まったく見えないわけではないので『まぁ大丈夫だろう』と安易に考えてしまうことです。

明るい場所から暗い場所を通るときには意識をしてアクセルを緩めたいですね。

スポンサーリンク

右左折後が怖い

夜間の交差点を右左折した後に駐車車両が止まっていないか?

素早く視線を先に向けることが重要です。

交差点を曲がる前に歩行者や自転車が近づいて来ないか?を確認すると思いますが、

もう一歩先を見ることが重要です。

なぜなら、交差点を曲がった後はアクセルを回して加速体制に入るからです。

アクセルを回す前に駐車車両が止まっていないか?を見ていないと危険です。

わたしが教習所で指導員をしていたときから、初心ライダーの事故で右左折後に駐車している車に追突することがないように、視線を先に向けることを言っていました。

曲がった先に視線を移してからアクセルを回す習慣を身に付けることが大切です。

さいごに

駐車している車もハザードランプを点灯させていれば、駐車車両がライダーから早く発見することが出来ますが、

残念ながらほとんどの駐車車両が無点灯で止まっています。

ライダー自らが駐車車両を早く発見する必要があります。

繰り返しになりますが、

明るい場所から急に暗くなったときは、暗さに目が慣れていない事を考え、アクセルを緩めること、夜間道が空いていても速度を出しすぎないこと、交差点右左折後に早く視線を先に向けることで早く駐車車両を見つけることが出来ると思います。

悲惨なバイク事故を発生させないための参考になりましたら幸いです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。もとゆき

万が一に備えてジャケットの種類を選ぶことなく使用できる胸部専用のプロテクター!おすすめです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事