【バイクの買取と下取り】どちらが良いのか?バイク歴30年の経験からの感想

バイクを乗り換えるときに、新しくバイクを購入したお店でいままでの愛車を下取りに出すか?

バイク買取専門店に出すか?どちらかになることが多いと思います。

それ以外では、増車でそのまま乗ったり、家族や知人に譲渡するケースもあると思います。

この記事では、下取りか?買取り専門店のどちらにするか?をお悩みになられている方にバイク歴30年の経験からの感想をお伝えしたいと思います。

よろしければお付き合いください。

結論

早速、結論になりますが下取りと買取の両方で査定をしてもらうことです。

正直に書いていますので、どちらかはっきりしてくれよと怒らないでください。。。

下取りと買取の両方で査定してもらうメリット、デメリットは以下のようになります。

メリットは、

①選択肢が多い方が高く売却できるから
②あとから後悔することがないから
デメリットは、
①めんどくさい
②時間がかかる

わたしが30年バイクに乗ってきた経験から、メリットとデメリットの両方について、深掘りしていきます。

下取りばかりしていました

わたしはバイク歴30年とそこそこの年数バイクに乗っていますが、車歴は4台とかなり少ない方だと思います。

いままでに3回愛車を売却してきましたが、すべて下取りでした。

20年以上前からバイクの買取はありましたが、選択しなかった理由は、素直に言いますとめんどくさかったからです。

あや
めんどくさい。。。

バイクショップでバイクを購入したときに、下取り価格から差し引いた追加の金額を支払うことになります。

その時には、下取り価格のことより次に購入するバイクの価格が、総額でいくらになるのか?に意識が向いていました。

値引きすることよりも、早く新しいバイクに乗りたい気持ちの方が強くなっていましたね。

もとゆき
早く乗りたい!の気持ちが強かったです。

だから、下取り価格に不満を感じることもありませんでした。

友人の買取価格で驚く

バイク友達からバイク買取専門店の人が来るから、1人では不安なので同席して欲しいと言われたことがあります。

わたしも、買取専門店に興味があったので、友達の家まで行きました。

友達のバイクはホンダのモンキーRという希少?なバイクで、とても大切に乗っていた1台でした。

いくつかのバイクショップを回って査定をしてもらっていましたが、納得することが出来ずに、初の買取査定となりました。

バイクショップでは10万円~12万円と言われていたようです。

気になる査定額ですが、驚愕の20万円!!!だったんです。

バイクショップのほぼ2倍の査定額になっていたので、友達もわたしも本当に驚きました。

もとゆき
本当に驚きました!!

ただ、これには理由があって、モンキーRを探している人がいたので、この価格で

買い取ることが出来ると正直に教えてくれました。

友達はそのまま買取専門店にモンキーRを売却しました!

友達は売却した理由として、文句なしの金額を提示されたことが1番の理由と言っていましたが、

その理由とは別に欲しい人なら大事に乗ってくれるだろうという気持ちになり、金額も気持ち的にも納得のいく売却が出来たことを笑顔で話をしてくれました。

小さな後悔

友達の買取り現場に立会い、正直に言いますと、いままで下取りに出していたことを少し後悔をしました。

金額も大切ですが、下取りの場合は今までの愛車が凄く軽い扱いをされていたと感じたからです。

当たり前かも知れませんが、バイクショップでは新しいバイクを買うわけですから新しいバイクが話のメインになります。

よく考えれば下取りに出す愛車にはたくさんの思い出がつまっています。

だから、愛車を気持ちよく送り出すためにも、買い取り専門店で愛車がメインの話となれば、少しですが気持ちよく送り出せる気がしました。

バイク=鉄のカタマリですが、わたしはバイクに魂が宿っていると思っています。

通勤でも使用していたので無事故でやってこれたのも愛車(相棒)のおかげです。

査定額UPもありますが、気持ちよく送り出すためにも万が一にも、もしZRXを送り出すときが来たら、下取りには出さずに、買い取り専門店で納得できるところを探したいと考えています。

下取りに出した後悔があったので、今回の記事にしました。

参考になりましたら幸いです。 もとゆき

 バイク王

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事