バイク免許取得!普通二輪(MT)カーブの安全走行・体感走行
スポンサーリンク

ここでは普通二輪免許(MT)の教習2段階6時限目に実施されることが多い(教習所によってカリキュラムに違いがあります)カーブの安全走行・体感走行についてお伝えしたいと思います。

カーブの体感走行

カーブの体感走行では実車バイクを使用して少し危険な体験をします。

同じカーブを速度を変えて減速をせずに定速で走行します。

教習所のカーブによりますが例えば1周目は25キロで定速走行でカーブを通行し、2周目は10キロ速度をアップして35キロの定速走行でカーブを走行します。

当たり前ですが2周目の35キロの定速走行ではバイクが外側にふくらんでいきます。

このふくらむことを体感します。

カーブで速度が速かったら遠心力がかかってふくらむことは学科教習などで知識を得ているのでわかっていることですが

実際に体感、体験することでカーブでバイクがふくらんだ時にどんな心理状況になるか?を確認することが出来ます。

スポンサーリンク

事故防止

この時限では危険なことを行うので事前に注意事項を念入りに教習生の方にお伝えをします。

伝える注意点は

カーブでふくらんだとき前輪ブレーキをかけると転倒する危険性があるのでアクセルを戻すだけにしましょうと伝えます。

対向車線にふくらんでもよいことも強調して伝えます。

しかし、実際にバイクに乗って走行してみるとカーブでバイクがふくらんだときに強く前輪ブレーキをかけてしまう教習生の方がたくさんおられました。

なかには転倒をしてしまう教習生の方もおられました。

カーブでバイクがふくらんでもアクセルを戻せばふくらみはおさまります。

最初の注意点でも伝えてはいますが反射的にブレーキをかけてしまうので本当に注意が必要です。

誰でもそうですがバイクがふくらんでしまうと冷静な対応はとても難しくなると思います。

バイクの単独事故が多いこともこの急ブレーキが原因になっていることが多いです。

余裕を持った速度でカーブに進入していくべきです。

スポンサーリンク

カーブ中の回避

カーブでのふくらみを体験した後にカーブ途中で障害物があった場合の対応について練習を行います。

実は、どんな障害物が設置してるか?を教習生の方は教えてもらっていない状態でカーブに進入してきます。

わたしの場合はカーブ上にパイロンを数本倒して設置していました。

何が設置されているかを知らずにカーブに進入してくる教習生はどうやってよけたらいいか?ほとんどの方がとまどっていました。

ほんの数秒でどう障害物を避ければよいかを考えることと

すぐに操作を行うことはかなり大変です。

また、安全な走行位置を確実にとることもなかなかできないものです。

やはり、余裕を持った速度でカーブに進入して障害物があった場合であっても安全な走行位置を選択できるような速度調節が必要です。

カーブ進入前の速度調節はとても大切です。

カーブの安全走行

カーブの安全走行では教習生の方に安全だと思う速度を考えて走行してくださいと伝えます。

指導員はカーブで教習生の安全だと思う速度を観察します。

あたり前かも知れませんが5人教習生がいれば5人それぞれ安全だと考えるカーブの進入速度が違うのです。

安全な速度は何か?あっても転倒などすることなく対応できる速度だと思います。

さいごに

このカーブの体感走行は今後バイクを乗っていくうえでとても大切な体験ができます。

カーブ走行はバイクの楽しみの1つですが

1つ間違えると取り返しのつかないことになってしまうのもカーブだと思います。

この時間の体験で得たことをいつまでも忘れずにいたいですね。

YouTubeでの発信を始めて、 チャンネル登録者数が1300名を超えました! 動画と音声でバイク情報をより伝えやすくなりました。 1週間に1回以上アップしています。 チャンネル登録をしていただけますと、最新情報をお伝えすることができます!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事