【コロナ】この状況でもバイクの運転をする人に知っておいてほしいこと
スポンサーリンク

最近はコロナに関することばかりを記事にしています。

今朝のニュースで、東京の緊急救命の受け入れがコロナの影響で、

難しい状態になっていると報道があり、

現場の医師の先生が、インタビューで

緊急搬送の依頼を100件断られたと連絡があったが、

受け入れができないので、受け入れを断ったと話されていました。

バイクに乗っていて事故にあった場合、同じような対応になった場合、最悪命を落とすかも知れません。

しかし、仕事でバイクに乗る方や私のように、

止むなくバイクで通勤されている方もたくさんおられると思います。

今バイクに乗る上でがまんしたい運転行動について、お伝えします。

よろしければお付き合いください。

すり抜けはしない!

がまんしたいことの一つ目は、

すり抜けです!

事故になるリスクが高すぎです。

特に今の危険性で知っておきたいことは、電車やバス通勤から、

車通勤に変更して運転している人が増えています。

久しぶりの運転で操作に不安がある人も多いハズです。

急にウインカーを出して、左へ曲がってきたり、

ウインカーも出さずに曲がってくることもあります。

余裕がないわけです。

余裕がないわけですから、後ろから凄いスピードで、

走行してくるバイクを見落とす可能性が十分にあります。

また、久しぶりに車を運転している人は車両感覚も鈍っていることが多く、

左に寄せることが出来ないことが考えられます。

つまり、ライダーにとってはすり抜けしやいすい環境のため、

いつもよりスピードを上げることも可能になってしまいます。

怖すぎです。

今だけでもすり抜けは止めるべきです。

スポンサーリンク

スピードを落とす

マスクをしているストレスの発散なのか?

凄いスピードで走っているバイクを見かけます。

車とぶつからなくても、地面に落ちている空き缶を踏んだり、

木材などを踏んだりするだけでも転倒するリスクはあります。

仮に空き缶を踏んで転倒しなくても、空き缶を避けるときに、

急な行動になってしまい自ら転倒してしまう可能性もあります。

急な行動を取るときに、スピードが遅かったら、その分対応もしやすくなります。

自転車でもスピードが出てると急に止まることが出来なくなるハズです。

自転車でスピードを出してこわ〜い思いを

された方は、たくさんおられると思います。

今の時期だけでも、いつもより速度を控えめにするべきです。

スポンサーリンク

さいごに

在宅での仕事が出来ないので、バイクで通勤をしています。

いつもより慎重に運転しているときに、同じライダーが、

凄いスピードで走っているのと狭い四輪車の間をすり抜けしている光景を見ると

ゾッ!とします。

他人からとやかく言われたくないと言われるかも知れませんが、

今事故をすることはとても多くの方に迷惑をかけることになります。

わたしも事故をする可能性はありますが、自ら危険に飛びこむような運転をすることは、現に慎むべき時期です。

多くのライダーと共有することが出来れば幸いです。もとゆき

YouTubeでの発信を始めて、 チャンネル登録者数が1300名を超えました! 動画と音声でバイク情報をより伝えやすくなりました。 1週間に1回以上アップしています。 チャンネル登録をしていただけますと、最新情報をお伝えすることができます!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事