バイクでスニーカーソックスは危険です!血が噴きだしました
スポンサーリンク

変なタイトルになりますが本当にあったことなのと、今日の通勤途中でスニーカーソックスのライダーを見たので記事にしました。

バイクで転倒したときの危険性についてお伝えしたいと思います。

おおむね1分間くらいの内容です。

よろしければお付き合いください。

スニーカーソックスは危険

わたしが遭遇した場面は、昔にバイクの指導をしているときでした。

遠くで仲間が大声で呼んでいるので慌てて駆けつけると教習生の方が怪我をしていました。

よく見ると足首付近から血が噴き出しています。

ビックリです。

タオルを持ってきて足首を押さえて血を止めて病院に行きました。

なかなか血がとまらなかったので本当にドキドキしました。

スポンサーリンク

原因は?

練習中の転倒したときにおそらくステップが足首にあたって傷つき血が噴きだしたものでした。

ステップの先の部分があたったようです。

スニーカーソックスのため足首は素足の状態です。

バイクが転倒するときにバイクから離れるようにすれば足が挟まれることを防ぐことができますが、実際は逃げ遅れて足とバイクが当たってしまうことが多いです。

バイクが足にあたったときに素足状態ではなく靴下の生地が1枚あるだけでも直接バイクの部品が皮膚にあたることはないので少しは保護効果があるハズです。

立っている状態ではズボンのすそが足首を覆っていても足を曲げることで、足首の部分が露出してしまいます。

だから、スニーカーソックスでは足首付近を保護することが難しくなります。

くつしたは足首を覆う長いソックスをはくべきです。

スポンサーリンク

スニーカーも危ない?

スニーカー自体も生地がやわかいためにバイクのパーツがあたったときに簡単に貫通してしまうことがあります。

また、スニーカーの場合シフトチェンジをするときに左足のシフトペダルがあたる部分を痛めてしまう可能性があります。

転倒したときのことも考えるとバイク用の生地が厚いシューズを履くことでケガを防止することができます。

わたしはブーツとライディングシューズの2足を使いわけています。

この2足ならシフトチェンジをするときも楽にできます。

ちなみにライディングシューズになれるとスニーカーで運転することはこわくなります。

ツーリング先でケガをしたら?

ソロツーリングをしていて交通量の少ない道路で転倒してしまい表題の話ではないですが、血が噴出してしまった場面を考えるとこわくなります。

山の中で1人・・・・

誰かが通行しない限り1人で対応しないといけません。

血が噴出した状態で止まらなくなったら・・・

と考えるとやはり転倒したときのことを考えて肌を覆うソックスのことやシューズを選択する必要があります。

四輪車に乗るときも最悪のことを考えないといけませんが、二輪の場合はどれだけ上手な人も転倒する危険があります。

最悪の事態を考えた予防策が必要ではないでしょうか?

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

参考になれば幸いです。もとゆき

 

ご参考までに

YouTubeでの発信を始めて、 チャンネル登録者数が1300名を超えました! 動画と音声でバイク情報をより伝えやすくなりました。 1週間に1回以上アップしています。 チャンネル登録をしていただけますと、最新情報をお伝えすることができます!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事