バイク免許取得!教習所の練習で必要となるものをまとめました
スポンサーリンク

バイク免許を取得するときは教習所に通うケースがほとんどだと思います。

教習所に通うにあたって準備しておいたらよい物についてお伝えしたいと思います。

おおむね1分間くらいの内容です。

よろしければお付き合いください。

ヘルメット

ヘルメットについて

ヘルメットはだいたいの教習所で無料で貸し出しをしてくれます。

なのでヘルメットは教習所の貸し出し用の物を利用すればよいのですが

色々な人が被っているので臭いや衛生面で気になってしまう場合があります。

わたしの場合は原付バイクを乗っていたのでマイヘルメットで教習を受けていたので快適でした。

ほとんどの方がバイクの免許を取った後にバイクに乗ると思うのでヘルメットは先に購入しておくと快適に教習を受けることが出来ます。

すぐにバイクを買わない場合でもレンタルバイクなどを利用するときに使うことはあるのでヘルメットを購入していても良いと思います。

スポンサーリンク

グローブ

グローブについて

グローブは教習所によっては軍手などを貸し出しで用意しているところがあります。

軍手の場合はすべったりすることがあるのでバイク用のグローブを購入しておくことをおすすめします。

今の時代ですから普通にネットで購入してもよいですが、グローブの場合はバイク用品店にいって実際に装着をして指を動かしてみてください。

バイク用品店によってはグローブを販売しているコーナーにハンドルとグリップを設定しているお店があります。

注意点は

寒いからといってグローブの生地が厚いものをチョイスすると、ブレーキなどの操作がやりにくく感じる場合があります。

ショップで教習所ではじめてグローブを使うなどと相談してもよいと思います。

🔲もとゆきからのお知らせです。 少しの時間を使ってバイク、自動車保険を安くしませんか? 自動更新はもったいないです! バイク保険 インズウェブ自動車保険一括見積もり

服装

服装について

服装はバイクに乗車したときに腕や足の身体の部分が露出しないように注意をしましょう。

何故?か

練習中に転倒などをしたときに露出している身体の部分がバイクや地面などに接触をしてケガをしないためです。

転倒したときに身体を守ってくれるのはプロテクターもありますが、プロテクターがない部分は服が守ってくれることになります。

皮膚の変わりに服が傷つくことになります。

暑い夏でも上記の理由があるので身体が露出しない服装を選ぶようにしましょう。

シューズ

シューズについて

普通のスニーカーでもよいのですが

スニーカーの生地が薄い場合は

教習車がMT車でチェンジをするときにスニーカーも左足の甲部分も傷むことがあります。

結構、教習所のバイク練習でよくある話です。

ケガ防止のためにも出来ればバイク用スニーカーやブーツを使うことで保護することができます。

これも免許取得後も使用することができるので先に購入していてもよいと思います。

さいごに

今回はバイク教習で用意していたらよい物を取り上げてみました。

購入する商品にもよりますが、全部合わせると結構な金額になります。

いっぺんに全部そろえるとなると大変なのでバイク教習に通う時期を決めたら徐々にそろえていくと負担も少し楽になるような気がします。

バイク教習を考えている方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。もとゆき

万が一に備えてジャケットの種類を選ぶことなく使用できる胸部専用のプロテクター!おすすめです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事