40代女性ペーパードライバーの方はどれくらい練習すれば路上を走行できるようになるのか?

いままではペーパードライバーで車を運転する必要はまったくなかったのに、

仕事で車を使うことになったり、親の介護や病院への送迎をするために車の運転が

急に必要になったという方はたくさんおられると思います。

そのようなお悩みを教習所で指導員をしているときに、たくさん聞いてきました。

数多くのペーパードライバーの方の教習を担当して経験から、今回は40代女性の

ペーパードライバーの方が、どれくらい練習をするば路上で運転することが出来るのか?

についてわたしの指導経験からお伝えしたいと思います。

よろしければお付き合いください。

スポンサーリンク

結論、2時間で走行はできる

早速、結論をお伝えしますと、教習所の所内コースで1時間練習すれば2時間目には路上で運転することが出来ました。

たった1時間の所内コース練習で路上を走行することなんて出来るの???

とよく言われました。

もちろん例外もありましたがわたしが担当していたときには、

99%の確率で1時間の所内練習後に路上へ出て練習をしていました。

あや
ほんとうなの?

信じられないかも知れませんが、長いブランクの期間があったとしても、教習をしていたときの感覚や免許取得後に少し運転していたときの感覚が残っているのです。

アクセルの踏み加減やブレーキの踏み加減は最初乗りはじめのときにはギクシャクしますが、10分も走行すれば円滑に操作ができるようになっていることの方が多かったです。

間違えた解釈をして欲しくないのは、『路上を走行できる』ことと、『安全に走行できる』ことは違うということです。

指導員が助手席に乗っていることで、何か発生しても助手席にある補助ブレーキで対応することが出来るので、2時間目には路上での練習が可能でした。

だから、自宅の車を使って家族を助手席に乗せて運転練習することは不可能ですので、くれぐれも誤解のないようにお願いします。

練習時に助手席のミラーは必須です。

スポンサーリンク

ブランク

運転をしていない期間について、お話をしていてよく聞いたことは、18歳で免許を取得してから数回運転をして、

車庫入れがうまく出来なかったり、同乗している家族からの厳しい??指導を受けたために、

運転することが怖くなったり、嫌になってしまいそのままペーパードライバーになってしまったと言われた方が多かったです。

ですので、ブランク歴としては18歳から40歳までなので、ペーパードライバー歴が20年~30年の方が多かったです。

ちなみにブランク20年の方でも1時間所内で練習した後に、本当に路上に出て練習をしていました。

もとゆき
本当なんです!

ただ、路上でいきなり2車線、3車線ある道路を50キロや60キロで走行したり、狭い道路を走行するのではなく、

片側1車線の道路で歩道と車道の区別もはっきりしている道で、速度も30キロや40キロまでしか出すことがない道路を選択して練習していました。

はじめは力が入ってガチガチでしたが、すぐに40キロを出して走行することは出来ました。

スポンサーリンク

2時間連続

わたしの経験では2時間連続(間に5分くらいの休憩は挟んでいました)で練習する方が効果が上がることが多かったです。

とりあえず1時間だけ練習してみようか?と考える方が多いとは思いますが、

1時間練習することで緊張感が少し取れてきて、運転の感覚もつかんでくる事が多かったので、

ちょうど良い感じになっているときに、練習を次回に持ち越すことはとても、とてももったいないです!

なので、いきなり2時間も練習すると『疲れるのでは?』と思われるかも知れませんが、

あっという間に2時間は過ぎてしまうので、ご安心ください。

わたしが担当していたときも、『2時間でよかった』とか『もう終わりですか?』と言われることが、とても多かったです。

だから、費用的な問題はあるかも知れませんが、2時間連続で練習予約を取ることを強くおすすめ致します。

さいごに

40代女性のペーパードライバーの方を担当する機会が特に多かったのですが、

『仕事で車を使うから』、『親の介護や病院への送迎で車を使うから』と運転することが急務になっているケースが多かったのです。

教習所や練習所に行くために勇気をふりしぼって来られている方ばかりでした。

いままで20年、30年とハンドルを握っていなかったわけですから、怖くて当然です。

わたしが逆の立場でも絶対に同じように感じるはずです。

わたしが担当していた経験からも多くの方が2時間の練習で、路上を走行することが出来ます!

指導員にも路上を練習したいと申し出てもらっても大丈夫です。

一般車が走行していない教習所内の方が練習していても、いごこちが良いので

どうしても路上走行を先送りにしようと考えてしまう方が多いです。

その気持ちも十分、わかりますが、路上を走行することで運転することへのイメージが出来、自分がやるべき課題もきっと見つかるはずです。

運転練習頑張ってください。応援しています。

今回の内容が参考になりましたら幸いです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

◆ 定期的に使用しています!オススメです! ◆20年間、教習所で指導員、検定員をしていた経験から執筆しました。教習所に入校する前から準備をしておけばよい事から卒業検定(試験)当日のアドバイスまで細かく記載しております。 ◆ YouTubeでも毎週バイク情報を色々と発信しています! おかげさまでチャンネル登録者数が2600名様となりました。 お時間がございましたら、是非!遊びに来てください。お待ちしております!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事