バイクの高速道路二人乗りで知っておきたい3つのこと
スポンサーリンク

高速道路で二人乗りが解禁されたのが平成17年4月だったので14年が経ったことになります。

高速道路を走行していると二人乗りをしているバイクを見かける光景も慣れてきました。

しかし、15年前には危険な理由があったので高速二人乗りが禁止されていたのですがその考えられる理由と危険性についてお伝えしたいと思います。

おおむね2分ぐらいの内容になります。

よろしければお付き合いください。

高速道路二人乗りができる条件

高速道路で二人乗りが出来る条件は

  1. 年齢が20歳以上であること
  2. 二輪免許を受けた期間が3年以上あること

となっていますが東京の首都高速道路のように二人乗りが禁止になったままのところもありますのであらかじめ調べておくなど注意が必要です。

普通二輪免許の期間が1年以上あれば大型二輪免許を取得してすぐに一般道路での二人乗りができます。

二輪免許を受けた期間が3年というには普通二輪3年でも可能ですし、普通二輪2年大型二輪1年で計3年でも可能です。

つまり大型、普通問わず二輪免許を受けていた期間が3年以上あればよいということになります。

少しわかりにくいところがあるのでバイクの二人乗りで違反をして捕まらないように注意が必要ですね。

スポンサーリンク

高速二人乗りが禁止だった理由

昭和40年代の後半から高速道路での2人乗りが禁止になっています。

つまりそれまでは高速2人乗りができていたということになります。

なぜ?それまでは2人乗りができていたのに禁止になってしまったのでしょうか?

色々と調べてみました。

禁止であった主な理由

①当時の高速道路は路面の状況がよくなかった

②当時のバイクは2人乗りに適しているものが少なかった

③事故などが発生したときにライダーが後ろから来る車にひかれてしまう

調べてみて1番ショックだったことは2人乗りをしていて何かの理由で高速道路上で転倒したときに後ろから来る車にひかれてしまうことが多かったことでした。

みなさんが高速道路で車の運転をしていて前方でバイクが転倒している光景を考えてみてください。

バイクは転倒して火の粉をあげて地面をすべっています。ライダーとタンデムしていた人も地面をすべっています。

みなさんは100キロで高速を運転していて転倒している”バイクと人”どちらに目がいくと思いますか?

実は火の粉をあげて地面をすべっているバイクに目がいってしまいそのバイクを避けようとハンドルを切ったらライダーやタンデムしていた人をひいてしまう悲惨な事故が多かったそうです。

タンデムをしていなくても高速道路をバイクで走行していて転倒することは本当におそろしいことです。

スポンサーリンク

転倒防止策を考えました

高速道路の路面整備がしっかりされていても急ブレーキをかけることによって転倒することがあるのであたり前のことになりますが急ブレーキをかけない運転が最も大切になります。

急ブレーキに注意する場面

1、2人乗りしていることを忘れずにいつもより車間距離を多くとっておく

2、合流してくる車に注意すること特に出口付近では急に進路をかえて前方に割り込んでくる場合があるので注意が必要です。

最近、知人が高速道路で転倒をしてしまいました。その理由は高速道路の出口付近で出口がまだ先だと勘違いしていたトラックがあわてて出口に出るために知人の目の前に割り込んで来て知人はパニックブレーキになり転倒してしまったのです。
幸いにして後ろから車からひかれることもなくトラックの運転手もすぐに助けにきてくれたので大怪我をすることはありませんでしたが、一歩間違えれば大惨事になるところでした。
もうひとつ転倒する危険性があって怖いことはタンデムをしている後ろの人が居眠りをしてしまうことです。特に春や秋の気候のよい季節で高速道路を走行するときは注意が必要です。
タンデムシートのすわり心地もよく路面も整備されているのでお昼ごはんを食べたあと等にウトウトしてしまうことがあります。
ほんとに!バイクで寝る人がいるの?!とPCから声が聞こえてきそうですが実際に多いみたいです。
皮肉なことで道が悪くてでこぼこ道なら眠ることもないのかも知れません・・・
後ろの人が完全に寝てしまうと大変なことになります。(あたり前ですね・・・)
1番怖いことは完全に寝てしまってバイクから落ちることですがウトウトして身体が左右に動くだけでも高速で走行していたら少しバイクが傾くだけでも大きくバイクが動くことになり大変危険です。
一般道路でも走行中に会話しても聞き取りにくいですが高速ではほぼ聞き取ることはできないことと振り向いて寝ていないか?確認することもできませんのでインカムを使用して会話をすることも必要ではないでしょうか?

まとめ

一般道路でも高速道路でもバイクが転倒したときに後ろを走っている車は大きいバイクに目や意識がいってしまいライダー(人)は二の次になってしまうことは意識としてなかったので知ったときはショックでした。
高速道路での二人乗りができることでバイクライフの幅も大きく広げることができるので後ろの人との会話も楽しめるようにすることも必要ではないでしょうか?
最後までお読みいただきましてありがとうございました。もとゆき
よろしければ動画もどうぞ!
https://youtu.be/wsPQbH8TXf8
インカムについて調べてみましたので参考までに掲載しておきます。
おすすめのインカム1
インカムの中では一番有名だと思われるビーコムです。
使用している人も多く、シンプルでスタンダードな機能を備えています。
音質も定評のあるメーカーです。
YouTubeでの発信を始めて、 チャンネル登録者数が1300名を超えました! 動画と音声でバイク情報をより伝えやすくなりました。 1週間に1回以上アップしています。 チャンネル登録をしていただけますと、最新情報をお伝えすることができます!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事